窓のプロの横顔

小田原市にお店をかまえるタクトさん。神奈川県全域をはじめ、静岡県東部まで幅広いエリアで活動されています。「まど屋さん どあ屋さん」としてお客様の「おうちの困った」を解決するお手伝いをされています。
今回は経理から営業までマルチに活躍されている、大野さんにお話しを伺いました!

「タクト」の名前の由来は何ですか?

「タクト」には熱い思いを込めています。タクトとはドイツ語で指揮棒という意味があります。お店を始める時に、サッシ屋さんは価格勝負と言われることが多くそれじゃあダメだろうと思っていました。タクトはお客様の「困った」を解決するお手伝いをするお店にすると決めました。従来の考えを変えていくんだという決意でもあります。そこから小田原の土地で指揮を執っていきたいという思いを込めて「タクト」と名付けました。

「まど屋さん どあ屋さん」という名前もお持ちですよね?

タクトは何屋さんか分からないというお客様の声から生まれました。お客様がここに相談してみようと迷わず思えるように分かりやすくしました。takuto
2016年に“たくと”というイメージキャラクターを作りました。お店の看板や車にも登場させています。
この“たくと”には実はmadoという言葉を隠しているんです。お気づきになりましたか?
左耳(垂れている耳)が「M」。右耳が「A」。赤い蝶ネクタイの左側が「D」。右側が「O」。
おなかはご覧の通り「窓」になっています。愛する自慢の看板キャラクターです。

小田原の土地を選んだ理由はありますか?

 

社長が子どもの時から過ごしている土地に貢献したいという想いがあり、この土地を選びました。
小田原は昔から住んでる方が多く、仕事を頼む先が決まっているお客様が多い印象でした。実際、仕事を始めた時は新規のお客様を獲得するのが大変でした。「油断大敵」を意識してお客さまへ感謝する気持ちを忘れないようにしています。
今では1つの工事からお付き合いが始まり、おうちのことで困った時に相談してくださる方が増えてきました。

心がけていることはありますか?

お客様と直接会うことですね。大野店長が必ず1回訪問するようにしています。なので訪問やお電話も予めお宅にいる時間帯を聞いておいて配慮するように心がけています。リフォームの決定権は女性が持っていることが多いです。そこに寄り添って進めることができるのは強みです。女性目線の提案は、お客様の安心にもつながっているのではないかと思っています。

また、最近は社員全員がお客様の対応をするようにしています。というのも、お客様の満足を生み出すのは社員全員の役目だからです。週一回の社員ミーティングで課題や改善点を話し合い、いかにお客様に満足してもらえるかを社員全員で意見を出し合って連携して仕事を進めています。

大野さんの人柄を教えてください!

庭いじりが好きなのでお花を育てたり、週末には畑に出るのが楽しみです!
お客様とも草花の話で盛り上って、おすそ分けしてもらったり、ついつい長い時間おしゃべりに花を咲かせちゃうこともあります(笑)

【ショールームにはお客様からいただいたお花や、施工事例を飾っています】
 

今後は、どんな仕事をしていきたいですか?

何か困り事があったときはタクトにと思ってもらえるよう、頼ってもらるのが嬉しいです。営業として初めて受注したお客様は今でもお付き合いをさせてもらっています。もっと多くの方にタクトを知ってもらい、一人でも多くの”困った”を解決するお手伝いをしていきたいです。
自分たちが売りたい商品を提案するのではなく、お客様のお困りごとに対して本当に必要としている商品を提案をして、お客様に寄り添った仕事をしていきたいです。

******************************************
お客様のために、新しいことにも前向きに取り組む姿勢や社員のチームワークが光るタクトさん。アットホームな雰囲気の皆さんと話していると、ついつい話しが弾んでしまうのが分かりました。楽しいお話しの中にお客様の「困った」を見つけてくれること間違いなしです!