東京都

東京都に既存住宅を所有する方が使える助成金です。
助成対象経費の1/6が補助されます。

東京都

*最新情報は公式HPご確認のうえ、詳細内容・申請等は必ず公募要領をご確認ください。

補助金名称

家庭における熱の有効利用促進事業(高断熱窓・ドア)

申請受付期間

2020年7月15日(水)~2022年3月31日(木)*先着順

対象者

・都内に住宅を所有する個人・法人及び管理組合
・上記と共同で申請するリース事業者

助成金額

■助成率:助成対象経費の1/6(※100円未満切り捨て)
■上限額:
【窓・ガラス】上限1住戸当たり50万円
※国からの補助金と併用する場合
[(助成対象経費×1/2)-(本事業と重複する国補助金の額)]か上限50万円のいずれか小さい方の額

【ドア】上限1住戸当たり8万円
※国からの補助金と併用する場合
[(助成対象経費×2/3)-(本事業と重複する国補助金の額)]か上限8万円のいずれか小さい方の額

対象工事・工事要件

【高断熱窓(ガラス交換・内窓取付・カバー工法・外窓交換)】
■1居室以上の全ての窓を改修すること
※1居室以上の全ての窓改修と同時に他の居室又は廊下・玄関その他の非居室の改修を行う場合、その他の部屋等の窓は1枚以上の改修でOK
国の二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(断熱リフォームに係わる支援事業に限る。)の補助対象製品を使用すること

【高断熱ドア(ドアの交換・ドアの取付】
■1居室以上の全ての窓の改修と併せて、ドア改修を実施すること(勝手口ドアも可)
東京ゼロエミ住宅導入促進事業指針の要件である熱貫流率が3.49W/(㎡・K)以下のドアを設置すること
∟もしくは、2019年6月~2020年8月まで実施した国土交通省「次世代住宅ポイント制度」において、省エネ対応地域 1~4 まで適用可能とされるドア製品(熱貫流率3.49W/(㎡・K)以下の基準を満たす)を設置すること
※助成対象となるのは、1住戸につきドア1枚までとする

【共通】
・未使用であること
・2022年9月30日までに設置完了および実績報告書を提出すること

事業要件・注意事項

・都内の既存住宅(※新築は対象外)において、2020年4月1日以降に新たに高断熱窓・ドアを設置すること
・工事前申請※公社が交付決定した日の前に工事又は契約締結したものに係る経費は、助成対象外となります
∟※2020/4/1~2020/8/31までに工事又は契約締結し、2020/9/30までに本助成金の交付申請を行ったものに係る経費は助成対象となる

問い合わせ先

公益財団法人 東京都環境公社
東京都地球温暖化防止活動推進センター(愛称:クール・ネット東京)
創エネ支援チーム
TEL:03-5990-5066(9時~17時(土日祝祭日、全日12時~13時は除く))
HP:https://www.tokyo-co2down.jp/individual/subsidy/window_door/index.html

窓のお店を探す