所得税の減税

窓リフォームで使える所得税の減税。
改修年の所得税から対象額の10%控除されます。

所得税の減税

減税名称

省エネ特定改修工事特別控除制度【所得税(投資型減税)】

期間

・2021年12月31日まで
※改修後の居住開始日がこの期間内であることが条件

対象者

・自ら所有し、居住する住宅であること

対象住宅

・自己所有住宅(借家・賃貸住宅は除く。店舗併用住宅は、床面積の1/2以上が居住用であること。)
・改修する家屋の床面積が50㎡以上
・改修工事が完了した日から6ヶ月以内に居住の用に供していること

対象工事

減税工事

工事要件

全ての居室の全ての窓改修
・対象となる一般断熱改修工事に係る標準的な工事費用相当額が50万円※を超えること
・省エネ改修部位がいずれも平成28年省エネ基準相当に新たに適合すること
※自治体や国の補助金と併用する場合、その補助金の還付額を差引き、50万円を超える必要があります

控除額

その年の所得税額から対象額(※1)の10%を控除
※1.対象額とは、「改修工事限度額250万円」と国土交通省が定めた「標準的な工事費用相当額(※2)」のいずれか少ない金額のこと
※2.表1の改修工事の内容に応じた単位当たりの金額に改修する家屋のうち居住に使用する部分の床面積(延べ床面積)の合計を乗じた金額の合計のことです。
(表1)標準的な工事費用相当額【断熱改修工事】※お住まいの地域によって金額が異なります(下表は6地域金額)

省エネ減税額(標準的な工事費用が適用される場合)の簡単計算法

申請方法

住宅の所有者かつ居住者が必要な書類を揃えて、確定申告

申請方法

住宅の所有者かつ居住者が、必要な書類を揃えて確定申告時期に納税先の税務署に確定申告する。
【必要書類】※納税先の税務署窓口に問合わせましょう。

お得な補助金をチェック!

減税の他にも、お得な補助金がたくさんあります!
ぜひチェックしてください。

窓のお店を探す