固定資産税の減税

窓リフォームで使える固定資産税の減税。
翌年の家屋の固定資産税が1/3控除されます。

固定資産税の減税

減税名称

省エネ改修促進税制【固定資産税】

期間

・2022年3月31日まで
※工事完了日が、この期間内であることが条件

対象者

・住宅の所有者

対象住宅

・工事後の床面積が50㎡以上280㎡以下であること
・自己所有住宅(戸建住宅、分譲マンションなど。借家・賃貸住宅は除く。)
・2008年1月1日より前に建てられた住宅

工事要件

・外気に接する窓の改修工事(所得税控除と異なり、「居室の全て」との要件はない)
・工事費用が50万円(税込)※を超えること
※自治体や国の補助金と併用する場合、工事費用額からその補助金の還付額を差引いた金額が50万円を超える必要があります。
・区分所有家屋は、専有部分の窓の改修工事のみ(※事前に各市区町村の窓口へ確認しましょう)

減税額

当該家屋に係る翌年分の固定資産税額(床面積120㎡相当分までに限る)を1/3減額

※ただし、新築住宅に係る固定資産税の減額を受けている場合は対象外

申請方法

工事完了後3か月以内に、住宅の固定資産税の納税義務者が必要な書類を揃えて、各市区町村の窓口(資産税課等)へ申告

対象工事

*改修部位がいずれも平成25年省エネ基準相当に新たに適合すること
減税工事

申請方法

工事完了後3か月以内に、住宅の固定資産税の納税義務者が必要な書類を揃えて、各市区町村の窓口(資産税課等)へ申告。
【必要書類】※市区町村により異なります。必ず各市区町村の窓口に確認しましょう。

お得な補助金をチェック!

減税の他にも、お得な補助金がたくさんあります!
ぜひチェックしてください。

窓のお店を探す