窓のプロの横顔

昨年12月にオープンしたばかりの新しいお店です。本日は、店長の赤木様にお話を伺いました。

〜マーム〜様がどのようにお仕事に取り組んでいらっしゃるのか、お話を伺います。

〜MAAM〜(マーム)様のお店の名前の由来はどういったものでしょうか?

マームの店名は、「窓(ど)のリフォーム」から「マ」「-」「ム」をとって名付けました。

マーム様のスタッフのご紹介をお願い致します。

お店は、私と新しく入社した事務員さんと現場担当の四名で対応しています。スタッフ一同とても真面目な性格で、仕事も丁寧に対応させていただいております。

赤木様の趣味を教えていただけますか?
今は子育てですかね(笑)
赤木様がメインで行っているのはどのようなお仕事でしょうか?
仕事のメインは現場を見ていないので、積算がメインになります。また、営業としておもに外をまわっています。

お仕事をする上で心掛けていることなどはありますか?

どこで誰に見られているか分からないですからね(笑)、車を運転するにも、まわりに気を配って細心の注意を払っています。

他のお店に負けていないぞ、という強みはございますか?

職人の年齢が若いので、フットワークの軽さや迅速にお客様へ対応することができるところです。

一度工事を行ったお施主様へのアフターフォローは?

まだオープンしたばかりなので、これからしっかりとお施主様へのご対応・アフターフォローに努めたいと思います。

工事をたくさん経験されていると思いますが、一番得意な工事といいますか多い工事はございますか?

リフォームに関わる工事ということですかね。

玄関ドアの交換、カバー工法などの工事が多いですね。カバー工法は、今ある窓枠に新しい窓を取り付ける方法です。壁をこわさずに施工できるので、騒音も少なく工事も安全に配慮しています。あと、今ある窓の内側にもう一つ窓を取り付ける内窓(二重窓)設置工事も行っています。

今後どのように仕事をすすめていきたいか、抱負などございますか?

相模原でこういった窓に特化したお店はうちが初めてだと思うので、他のお店の先頭をきって相模原で一番のお店になれるように幅広いリフォームに力を入れていきたいと思っています。

なぜこの場所に開こうと思ったのですか?

もともと橋本という名前が欲しかったんです。橋本にリニア中央新幹線がくるじゃないですか。それもあったので、今後発展していくことが予測される相模原橋本というネームがほしかったんですよね。

そこで、橋本でいい場所を探していたんです。もともとこのお店の場所も知っている人が入っていたのですが、ちょうど移転されるということでタイミングがよかったのです。

店内のコンセプトといいますか、なぜこのような雰囲気のお店にしようと思ったのですか?

お越しいただいて、ガラスのデモ器などで体感していただくのはもちろんですが、カタログを読むなどゆっくり過ごしていただけるようにしています。

こちらのスペースはなんですか?

ここはキッズコーナーになります。マットをひいておもちゃを置き、子どもたちが遊べるスペースになっています。

お子さんといらっしゃった親御さんも子どもを遊ばせておけるスペースがあると、とっても安心しますね。

窓リフォーム以外のリフォームも行っているのでしょうか。

はい。窓以外にエクステリアなどの工事ももちろん承っております。お気軽にご相談いただければと思います。

窓リフォームのことなら、このマームにお任せ下さい。

窓だけでなく玄関ドアやシャッターなどの開口部リフォームやエクステリア工事も丁寧に対応させていただきます。お客様が気兼ねなく立ち寄れる清潔感のある店内となっています!リフォームに関する疑問やお悩みがございましたら、ぜひ当店にお越し下さいませ。