お電話は0120-306-300

真空ガラスの魅力

真空ガラス 体感レポート!~11月下旬~ 

平均2℃の温度差。結露の状況に大きな差が

今回の実験では、ガラス付近の温度が日ごとにどのような変化をしていくか、朝の寒い時間帯(7時半)にその差を比較してみました。11月29日?12月4日の5日間で、平均してガラス付近の室温に3度の差がでました。特に寒かった12月2日(金)は4.4度の差がでました。これだけの差があると体感にも違いがあるのではないでしょうか。

ガラスの表面温度を計測


20111206_l

20111207_l 20111208_l? 20111209_l20111210_l

20111211_l

 

 

 

あわせて結露の状況も写真に記録しました(画像クリックで拡大)。上記左から11/29?12/4です。 ※画面左側のガラスが真空ガラス、右側のガラスが1枚ガラスです。

実験宅インタビュー

真空ガラス、12月に入っても結露ゼロ。

なんとガラスの表面温度は6℃の差が!


 どんどん寒くなってきましたが、結露はしていないですか?
三橋
 あいかわらず真空ガラスの方は、全く結露しないですね。となりの1枚ガラスはあいかわらずびしょびしょです。特に12月3日、4日あたりはひどかったです。
 暖房は何かお使いですか?
三橋
 石油ストーブを使っています。
 なるほど、石油ストーブは暖かいですよね。しかし、実は結露の発生には繋がりやすいんです。灯油やガスを燃焼させているときには大量の水蒸気が発生します。寒いかと思いますが、換気で空気中の水分を逃がすことは非常に重要です。
三橋
 この表面温度の計測器、これは便利ですね。どれだけ1枚ガラスが外の寒さを伝えているか一目でわかりやすい。
 そうですよね。1枚ガラスは外気に冷やされてガラスの表面温度がかなり下がっています。真空ガラスの表面温度はあまり外気の影響をうけていないようにみえます。この表面温度の違いは、熱の3つある伝わり方の内の「伝導」が、いかにしづらいかを示しています。(その他2つは「対流」と「放射」がある)
三橋
 なるほど、昔理科の授業で習ったような気がします(笑)

気になる音が・・・その正体は?


三橋
 実は1つ気になったことがあって、窓の開閉時に、「ピシッ」という音(きしむような音?)がすることが結構あるんです。2?3回するとなくなるんですが・・・、何の音なのでしょう?
 熱をふさぐ分、ガラスが「そる」という現象がおこることあります。温度差が高いとでやすいですね。カーポートなんかもミシミシいうことがあると思うのが、同じ現象です。 ガラスの面積が大きい場合などにでやすいと言われます。
三橋
 なるほど、音の原因がわかればそれほど気にならないので・・・。原因がわからないと施工の問題?などと余計な不安を抱いてしまっていました。

ソーシャルネットワークで共有しましょう

PAGE TOP

窓のコンシェルジュ「madoka」

madoka公式ページ