既存住宅における断熱リフォーム支援事業

マンション居住者にオススメの国[環境省]の補助金です。
補助対象経費の約3分の1が補助されます。

既存住宅における断熱リフォーム支援事業

補助対象経費の約3分の1が補助される、お得な補助金です!
全ての窓の改修が条件の為、特にマンションにお住いの方オススメです。

申請期間

□集合住宅(全体) ※事業規模内で上位のものから採択
・一次公募:2021/3/23(火)~2021/5/14(金) ※受付終了
・二次公募:2021/6/7(月)~2021/7/26(月) ※受付終了
・三次公募…2021/8/10(月)~2021/9/24(火)

□集合住宅(個別) ※先着順
・一次公募:2021/3/23(火)~2021/5/14(金) ※受付終了
・二次公募:2021/6/7(月)~2021/7/26(月)  ※受付終了
・三次公募…2021/8/10(月)~2021/9/24(火)

□戸建住宅
 ※先着順
・一次公募:2021/3/23(火)~2021/5/14(金) ※受付終了
・二次公募:2021/6/7(月)~2021/7/26(月) ※受付終了
・三次公募…2021/8/10(月)~2021/9/24(火)

申請対象者

□分譲住宅の管理組合(集合住宅 全体):管理組合等の代表者
・住戸の共有部(※空室は対象外)で所有者自身が常時居住する住戸であること。*オーナーの居住している住戸も可。
□分譲住宅(集合住宅 個別):所有者または個人の所有予定者(※1)で常時居住する住戸であること。
・専有部/住戸の共有部*オーナーの居住している住戸も可。
□戸建住宅:所有者または個人の所有予定者(※1)で常時居住する住宅であること。

※1.申請後に所有予定の場合、完了報告時に該当住所を所有し、登記事項証明書の写しを提出することが条件。
※2.法人所有の住宅及び賃貸住戸は不可。
※3.専用住宅であり、店舗・事務所等との併用は不可。(※戸建住宅は要件によって申請可。詳細は公募要領で確認)

申請要件

★北海道環境財団に登録されている製品を使用し窓改修すること
┗補助対象製品一覧≫http://www.heco-hojo.jp/_yR02/d04c01/competition.html
(「3 補助対象製品について」≫「対象製品一覧」)

□集合住宅(全体):すべての窓を断熱改修すること
※原則、全戸を改修すること(ただし、管理組合総会等の決議がある場合、全戸改修でなくても可)
□集合住宅(個別):すべての窓を断熱改修すること
□戸建住宅:窓、天井、壁、床の4部位のうち1部位以上の改修をすること
 ↑ポイント‼戸建住宅もすべての窓の改修のみで申請OK。ただし、ガラス交換での改修は不可となります。
※地域区分ごとの最低改修率要件を満たすこと。部位の組合せによって改修率が異なる。
【窓・ガラスの改修について】
・換気小窓、300㎜×200㎜以下のガラスを用いた窓、ルーバー窓は改修しなくてもOK
・玄関ドアと一体不可分な開口部(袖ガラス・欄間ガラス等)は改修しなくてもOK

補助金額

【補助率】
○補助対象経費(※1)の3分の1以内
※1)補助対象経費(円) = [A]施工面積(㎡)×[B]補助単価(円/㎡) *[A][B]につきましては下表参照
【上限額】
□集合住宅(全体・個別):15万円/戸
□戸建住宅:120万円/戸

事例

【集合住宅 個別】:マンションLDK(延床面積70㎡)の例
 ▽全ての窓に「内窓(Low-E複層ガラス仕様)」を取り付けた場合…

〇上図のように、補助対象経費が32万1千円になりました。
 結果、補助対象経費の3分の1である 10万7千円 が補助金額となります。

その他

・事業完了後に2年間(計2回)エネルギー使用状況の報告定期アンケートを行うことが義務付けられます。

問い合わせ先

公益財団法人北海道環境財団 補助事業部(R2年度補正断熱リフォーム担当宛)
TEL:011-206-1573 ※受付時間は平日10:00~17:00(通話料がかかりますのでご注意ください)
※事務局へのお問い合わせの際には、原則電子メールを利用して下さい。
HP:http://www.heco-hojo.jp/_yR02/d04c01/index.html

窓のお店を探す