お電話は0120-306-300

マンション

マンションリフォームの基礎知識

このページはマンションにお住いの方向けのコンテンツです。マンションにお住まいの皆様には、マンションの全容を知っていただき、マンションに住むメリットと建物の維持と管理の重要性をご理解いただければと思います。

  

 

 

 

住まいのマンションを知ろう

1)マンションの歴史

ここではコンクリート建造物の歴史をご紹介いたします。皆様がお住まいのマンションは、どの時期にあてはまるのでしょうか?ご参考までに。またマンションの歴史が意外にも浅いことがご理解頂けると思います。
>>詳しくはこちら

2)マンションの構造とその特徴

近年のコンクリート住宅の耐用年数は一般的に70~100年とも言われています。マンションの躯体は鉄筋コンクリート造(RC造)がほとんどの割合を占めています。ここでは、マンションの構造とその特徴を説明し、お住まいのマンションの様々な長所をご紹介いたします。
>>詳しくはこちら

3)マンションの資産価値維持のために

今後、お住まいのマンションと長いお付き合いをして戴くために必要なこととは何でしょうか。既存マンションで溢れた今日の時代に求められることは、マンションの維持と管理です。ここでは、マンションの維持と管理の必要性と、その方法に関してご紹介いたします。
>>詳しくはこちら

マンションの窓リフォーム

1)住まいに欠かせない窓を知る

ここでは、窓・ドアなどの開口部の果たす役割について解説致します。窓は熱の出入り口です。特に皆様がお住まいのマンションは躯体の性能の良さから、気密性が高く、より開口部の果たす役割が大きくなっています。
>>詳しくはこちら

2)窓リフォームで良くなること

ここでは開口部のリフォームで何が良くなるのかを解説致します。断熱性向上による節電や省エネ・防音・防露など様々な効果が期待できますが、リフォームを行うことで資産価値の向上にも繋がります。
>>詳しくはこちら

3)窓リフォームの方法を知る

窓、ドアのリフォームの施工方法を解説致します。窓に関しては「ガラス交換」「カバー工法」「内窓設置」が挙げれます。ドアの場合は「カバー工法」が主流になります。
>>詳しくはこちら

4)誰に頼めばいいの?

実際に工事を依頼する際には誰に頼めば良いか。窓・ドアは共用部分にあたります。共用部分のリフォームは、管理組合の承認が必要です。しかし、内窓設置は専有部分にあたるので、許可を得る必要はありません。
>>詳しくはこちら

マンション管理組合の皆さまへ

1)マンションの維持・管理

分譲マンションを長期にわたって快適で安全な住まいとして維持し、また、大切な資産としての価値を保全するために、計画修繕、すなわち、共用部分の修繕について長期的な修繕計画を立て、その計画に従って適切な時期に修繕工事を行うことが重要です。
>>詳しくはこちら

2)窓の大規模改修

マンションのストック数が年々増加していく中でも、築30年を超えるマンションは窓の改修工事の時期に差し掛かっていきます。近年は節電、省エネ需要が高まる中で、時代に合わせた建物のあり方が求められています。その中で窓の断熱改修は極めて重要です。また、マンションの資産価値向上のためにも窓の改修工事は必須事項です。
>>詳しくはこちら

ソーシャルネットワークで共有しましょう

PAGE TOP

窓のコンシェルジュ「madoka」

madoka公式ページ