お電話は0120-306-300

窓で断熱性を高めよう

結露の原因はなに?窓からできる対策を教えます!

結露とは

冬場に窓ガラスが曇ったり、水滴がついたり、また冷たい飲み物の入ったグラスに水滴がつくのも結露です。

空気中に含むことのできる水蒸気の量には限界値があり、温度が高い程多く水分を含む事ができ、温度が低いと少なくなります。湿度というのは、その限界量に対する実際の水分量です(%で表示)。

窓が結露するのは、ガラスから伝わってくる外の寒さで冷やされた空気が、空気中の水分量の限界値を越えて水滴化している状態です。

結露の発生条件とは

右の図は、温度と空気中に含むことのできる水蒸気の量の関係を表したグラフです。このグラフで、室内温度の変化による相対湿度(一般的に言われる湿度のこと)への影響や、温度と湿度から空気の露点(結露が始まる温度)を知ることができます。

(グラフの見方の例)
A:室内温度の変化による湿度への影響を求める場合[例]A線
室内温度20度、相対湿度60%の密閉された部屋(グラフの20度の縦線と湿度60%を示す曲線の交わった点)が、夜間に室内温度が15度に低下すると(先ほどの交点を水平に15度の位置まで移動させると)、湿度は82%に上昇することが判ります。水蒸気の量は一定でも、温度が低下すると湿度が上昇するわけですね。

B:温度と湿度から空気の露点を求める場合 [例]B線
グラフの20度の縦線と湿度60%を示す曲線の交わった点を水平に左に移動させ、湿度100%の曲線とぶつかった位置の温度を読むと12度となります。これで、20度、湿度60%の空気の露点(結露の始まる温度)は12度だと判ります。12度より冷たい窓ガラスなどに触れたりすると結露するわけですね。
(出典:日本板硝子)

窓を変えて結露を防ぐ

空気の層をもった「複層ガラス」で結露を防ぐ

窓ガラスの結露は、お部屋の水蒸気が冷たい窓ガラスに冷やされることで生まれます。室内の湿気と冷たい窓が、結露の大きな原因です。

寒さを伝わりにくくするのに、空気の層はとても役に立ちます。窓ガラスも2枚ガラス(複層ガラス)にして間に空気の層を作ると、1枚ガラスの2倍も寒さを伝えにくくなります。さらに、より気温を伝わりにくくする特殊な複層ガラスや2枚のガラスの間を真空にした、真空ガラスも開発されています。
★真空ガラスについてはコチラ

「内窓」を取り付けて結露を防ぐ

空気の層を作るもう一つの方法は、窓を2重にする「内窓」の設置。今ある窓の内側に、もう1つ窓を取り付けて窓と窓の間に空気の層を作ります。多くの内窓は、窓枠が樹脂製*なので寒さ・暑さを伝えにくく、アルミの窓枠と比べて、窓枠も結露しにくいのが特徴です。
★内窓についてはコチラ

下記ページも参考にしてみてください

●窓のリフォーム方法について
●ガラス屋さんが選ぶ『結露対策商品ランキング2013』
●結露を防ぐには他にもこんな方法があります

■窓リフォームの専門店はこちらから探すことができます!
 お店の検索はコチラから↓↓
窓のお店を探す

ソーシャルネットワークで共有しましょう

PAGE TOP

窓のコンシェルジュ「madoka」

madoka公式ページ