お電話は0120-306-300
What?
How?
Who?
窓リフォームにはこんな方法があります

大がかり←工事の簡易さ→簡易

窓の交換
内窓の増設
ガラスの交換
リフォームアドバイザー

工事時間は2時間~半日。窓枠ごと入れ替えるので、経年による窓のゆがみも一新します。

サッシメーカー

ポイント

普通の窓から複層ガラスに交換する場合、サッシの溝幅が違います。

通常のお宅で使用されているサッシの溝幅というのは、9〜11mmが標準的です。一般的な複層ガラスは、最低でも厚みが12〜20mm程度あり、単純にガラス部分だけ交換することが出来ないケースが多くあります。溝幅のギャップをうめるアタッチメントを使用してガラスのみの交換にすることも可能ですが、サッシごと交換することで、経年によるゆがみや隙間風の解消、建付けの改善にもなります。

リフォームアドバイザー

ポイント

「カバー工法」が可能な場所であれば工事が小規模ですみます。

カバー工法とは既存のサッシ枠を活かして、その上から新しいサッシを取り付ける方法です。壁を壊さずに工事ができるため、短期間で工事が済むというメリットがあります。

サッシメーカー

ポイント

既存のサッシ種類によっては、「障子交換」ですむ場合も。

各メーカーごとに特定のサッシ種類をお使いの場合に限り、サッシ枠をそのまま使用して、障子部分のみの交換ですみます。対応機種は各メーカーのウェブサイトにて確認いただけますが、お近くの窓のお店に問合せされるのが一番かと思います。

ソーシャルネットワークで共有しましょう

内窓の増設

PAGE TOP

窓のコンシェルジュ「madoka」

madoka公式ページ