お電話は0120-306-300

マンション

窓の大規模改修工事Q&A

マンションの資産価値向上のためにも窓の改修工事は必須事項です。

マンション管理組合の理事になり、
私のマンションも窓の大規模改修工事を!と思っても、
数々の疑問が出てきます。

「どのタイミングで工事に着手するのか?」「工事の流れは?」
「工事期間はどのぐらいなのか?」「どこにお願いすればいい?」
などなど・・・窓の大規模改修工事に対する疑問は数多くあると思います。

ここでは皆様の抱えている疑問に答えていきます。

Q.1 修繕・改修の違いって?
Q.2 いつ、どの部分の工事に踏み出せばいい?
Q.3 窓の大規模改修工事の全体の流れは?
Q.4 工事業者選び、ポイントは?

 

Q1.修繕・改修の違いって?

修繕というのは、
壊れたり悪くなったところを元に戻す・直すこと
改修というのは、
今あるものに付加価値を付けて新しくすることを指します。

健全なマンションを維持していくためには開口部の管理が必要です。
劣化度合いによって修繕工事と改修工事のどちらが必要なのか判断を致します。

★判断基準とは?
Q1

窓(アルミサッシ)の交換工事ではカバー工法を主に行います。
カバー工法とは、既存の窓枠の上から新しい窓枠を取り付ける工法です。
古いガラス障子を取り除き、
窓枠を残したまま新しいガラス障子を取り付けるため、
窓周りの壁や床を工事することなく取替が可能です。

★カバー工法 工事手順
カバー工法工事手順

↓カバー工法についてはコチラもどうぞ↓
 カバー工法、ご存知ですか?

Q2.いつ・どの部分の工事に着手すればいい?


窓の改修工事を実施したマンションでは、
いつ・どの部分の改修工事に着手したのでしょうか?

長期修繕計画に開口部改修工事の予定がある場合、
3回目の大規模改修時期で開口部カバー工法工事が
実施されることが多いようです。

改修時期

しかし、居住者様へアンケートを行った結果、
「開け閉めがしにくい」「窓辺が寒い」等の声が多い場合は
改修工事の時期が早まることもあります。

Q3.窓の大規模改修工事の流れは?


窓の大規模改修工事は一般的に下記の流れで進められます。
工事の流れ

窓の改修工事をするには、現場確認や採寸と本工事の計2回、
居住者様のお部屋に上がる必要があります。

そのため、工事を円滑に進めていくには、
居住者様全員のご理解・ご協力が必要となります。

↓マンション改修について詳しく知りたい方はコチラ↓
 マンションの維持・管理

Q4.工事業者選び、ポイントは?


工事業者を選ぶ時、どこに注目しますか?
価格のみを優先してしまう方が多いかもしれませんね。

しかし、価格だけが良くても窓の大規模改修工事は円滑に進められません。
居住者様のご理解とご協力を得ることのできる業者選びが重要となります。

居住者様に大規模改修工事についてご理解いただくための、
☑工事説明会
☑居住者様へ施工日のアンケート
☑実測・施工前の在宅確認電話
☑工事後不具合のアフターサービス
など、工事業者のサポート体制にも注目して選んでみましょう。

まとめ

■「修繕工事」「改修工事」のポイントは
 ①劣化状況②住民要望で見極めましょう。
■窓の大規模改修工事では、
 居住者様のご協力が必要不可欠!
■工事業者選定の際は価格のみでなく
 「工事全体のサポート体制」
 ・工事説明会
 ・居住者様へ施工日のアンケート
 ・実測・施工前の在宅確認電話
 ・工事後不具合のアフターサービス
 にも注目をしてみましょう。

↓あわせてコチラもどうぞ↓
窓の大規模改修
↓マンション特集ページへ↓
マンション特集
ソーシャルネットワークで共有しましょう

PAGE TOP

窓のコンシェルジュ「madoka」

madoka公式ページ