お電話は0120-306-300

特集ページ

マンション

換気の重要性

換気の重要性 窓リフォームを行って、ガラス・サッシへの結露はなくなったのに、 別のところに結露が発生したというお悩みをお持ちの方はいませんか? 結露の発生を放っておくと、カビが発生してダニが増殖する原因となります。 ダニが増えてしまうとハウスダストとなって アレルギーやシックハウス症候群を引き起こす可能性があります。 マンションは気密性の高い住宅なので、湿気の逃げ場があまりありません。 窓リフォームをして窓に結露がなくなっても、 湿気を家の中に溜め込まないよう、 きちんと換気を行うことが望ましいのです。 結露を抑える方法は? 湿気の発生源として、以下のようなものがあげられます。 [caption id="attachment_4401" align="aligncenter" width="450"] 数値データは三菱電機資料「換気・レッスン 換気の必要性」より引用[/caption] なんと4人家族で1日あたりおよそ10ℓも湿気を生み出しているんです! 結露を防ぐためには、これらの湿気の発生を抑えることが大切です。 では、湿気の発生を抑えるにはどのような対策が考えられるのでしょうか。 ①料理をするときは必ず換気扇を回しましょう。 →炒め物などで湯気が発生します。 ②お風呂から出たときも換気扇を回しましょう。 →浴室の扉を開けっ放しにすると水蒸気が部屋へまわります。 ③室内干しの量・回数を減らしましょう。 ④観葉植物は控えめに置きましょう。 ⑤加湿器を過度に使用していないか見直しましょう。 ⑥石油・ガスストーブの使用はできるだけ控えましょう。 寒くならない換気方法! 暖かいお部屋で快適に過ごそうとせっかく窓リフォームをしても、 換気をするために窓を開けて、お部屋が寒くなってしまえば意味がありません。 そういった場合、冷気や暖気を逃さずに換気ができる 熱交換型換気システムがオススメです。 しかも熱交換型換気システムを使用するとエアコンの省エネ効率がアップし、 電気代の削減にもつながります。 換気口から入る花粉を防ぐために高性能フィルター付きの 熱交換型換気システムもございます。 ↓熱交換型換気システムを詳しく知りたい方はメーカーページへどうぞ↓ エアマイスター | LIXIL 換気扇 | 三菱電気 24時間換気システム | Panasonic まとめ 結露をそのままにしてしまうとカビやダニが発生し、 アレルギーを引き起こす原因となります。 結露しないためには湿気の発生を抑えること、 定期的にお部屋の換気をすることが大切です。 オススメは冬に換気をしてもお部屋が寒くならない熱交換型換気システム! ↓結露についてはコチラもどうぞ↓ 結露の原因は室内の湿気と「冷たい窓」 ↓結露対策はコチラもおすすめです↓ 今日からできる結露対策

続きを見る

取材・調査

オススメ断熱窓の紹介

オススメ断熱窓の紹介 みなさんは、ご自分の住宅の窓に注目したことがありますか? 当たり前にある「窓」ですが、海外と日本の窓に性能の違いがある、と聞くと驚くかもしれません。そして、先進国である日本の窓が実は海外と比較すると遅れている・・・としたら、皆さんはもっと驚きませんか。海外では当たり前になっている「断熱窓」。それに追随し、日本でも注目されるようになってきた「断熱窓」を、日本の窓メーカー3社の商品の中からピックアップしてご紹介いたします。 窓のリフォームをご検討の方や、新しくお家を建てることを検討をされる方に是非窓選択の際に読んでいただきたい特集となります。一般の生活者の皆様はもちろん、建築関係のプロユーザーの方も是非、ご一読ください。 目次 断熱窓の必要性(日本の現状と海外の比較) 三協立山(株) ALGEO (株)LIXIL ERSTER X YKK AP(株) APW430 オススメページのご紹介 断熱窓の必要性(日本の現状と海外の比較) 住宅の窓には「断熱」が必須! 住宅の中で、窓は熱の出入りが最も多く、寒さ・暑さに弱い箇所といえます。そんな窓をしっかりとした「断熱性のある窓」にすることで、住宅の暑さや寒さを軽減してくれる役目を果たします。 ●詳しく>> 窓は熱の出入り口 そんな暑さ・寒さに弱い窓は、「アルミサッシ+一枚ガラス」の窓などで、日本では多くの住宅の窓が、これらの断熱性の低い窓になります。窓のコンシェルジュmadokaでは、こういった断熱性能の低い窓をなくすため窓の断熱リフォームを推進しています。 ●詳しく>> 「プロが教える」初めての窓リフォーム 窓のリフォームでは、窓を二重にする「内窓」や一枚ガラスを高性能な真空ガラスに交換する「ガラス交換」等を紹介していますが、最近の新築住宅では窓のサッシの素材から変え断熱性能を上げる方法も提案されています。日本の9割の住宅の窓は「アルミ製」の窓サッシですが、実は窓の高性能化が進んでいる海外ではアルミ製ではなく「樹脂製」の窓サッシが主流になっています。 「樹脂製」をイメージできるでしょうか。みなさんの生活の中にある身近なものの例で言うとフライパンです。フライパンは鉄製で火にかけるとすぐに食材に火が通りますが、持ち手の部分は熱くなりません。これは持ち手部分が樹脂製の素材で作られているので、熱が伝わりづらく、素手で取っ手を持つことができるのです。 「樹脂製の窓」に注目! そんな「樹脂製」でできた高断熱窓が世界で当たり前になっていますが、日本と比較すると、普及率にどのくらい差が出るのか気になりますよね。 日本の住宅の中で樹脂製の窓の家が全体の7%であるのに対し、例えばフランスでは69%の住宅で樹脂製の窓サッシが採用されています。その他は、イギリスで66%、ドイツで60%。アメリカは67%、お隣の韓国では80%の住宅で樹脂製の窓が普及しています。この情報から、日本の窓の断熱性能が、各国に比べ非常に遅れていることがよくわかります。また、日本の7%の数値も、北海道などの寒冷地での普及や一部特定業者の採用がほとんどで、全国的には普及できていないのが現状です。 高性能窓は安価な商品ではありませんが、採用することで、様々なメリットがあります。 例えば、家の劣化を抑え住宅の寿命を延ばすことができます。また、居住する人には健康推進や冷暖房費の削減にも繋がるメリットがあります。 ●詳しく>> 断熱住宅で健康に それでは、いよいよ窓メーカー各社のおすすめ商品をご紹介いたします。 三協立山 株式会社 ― ALGEO ― 三協立山 (株) 三協アルミでは、樹脂窓ではなく、アルミ樹脂複合窓である「ALGEO」(アルジオ)を紹介します。低炭素社会に貢献する断熱性能があり、熱貫流率は1.95W/㎡・K(引違い窓、複層ガラス、中空層16mm、アルゴンガス入りの場合)。 ワンランクアップした高耐久性能 ALGEOの特長は、従来品よりも1ランク上の「耐風圧性」と「水密性」です。これは、日本の近年の自然災害を意識し、台風の際の強風に耐えられ、豪雨の際に屋内への雨水の侵入を防ぐために開発されました。 耐風圧性とは…強風などによってサッシが変形したり、ガラスが破損することがないようどのくらいの風圧に耐えられるかを表しています。 水密性とは…雨プラス風の漏水安全グレードです。W-1~W-5まであり、数値が高いほど水密性が高くなります。 耐風圧性は、住宅用建材では最高グレードのS-4を取得。これは、最大瞬間風速57m/Sに耐えられ性能です。※風速50m/sとは、人が立っていられない樹木が根こそぎ倒れ始める状況です。そして、水密性は、最高グレードのW-5を取得。これは、1時間あたり240mmの降雨量に、風速35m/sの風が吹いても雨水が下枠からあふれない性能です。 耐風圧、水密性の強さを持ったALGEOならば、近年日本で頻繁に起こっている暴風雨、台風などの自然災害にも安心ですね。 住まう人に優しい思いやり性能 そして、もう一つの特長は使用者のために配慮された「フラットレール」を始めとする使いやすさです。窓には当たり前の窓のサッシ枠の段差。これがあるために、掃除が手間取ったり、お子様やご年配の方が窓をまたぐのが危険な場合があります。しかし、ALGEOは、その段差がない「フラットレール」を掃出し窓と窓タイプで用意しています。 お子様が素足で歩いても安心で、掃除もしやすい。使用者に寄り添った優しい設計です。その他にも、通常だと掃除がしづらいすべり出し窓や上げ下げ窓も開閉が工夫され、ガラスの拭き掃除がしやすくなっていることや、障子を下から上まで引手にすることで誰でもどこでも扉が開けやすい設計になっています。 ALGEOはガラスを自由に選ぶことが可能なので、日本板硝子の真空ガラススペーシア21(スペーシアにLow-Eガラスを組み合わせた複層真空ガラス)と組み合わせることでより高性能で、優しい窓にすることができます。 ◇◇三協立山(株) ALGEO 紹介チラシ◇◇ 株式会社 LIXIL ― ERSTER X ― 住まいと暮らしの総合住生活企業(株)LIXILの紹介する高性能樹脂窓は、「ERSTER X」(エルスターエックス)です。 ERSTER Xは、①ガラス面積の最大化②ガラス高性能化③フレーム高性能化の3つの技術コンセプトで窓の高性能化を実現しました。断熱性能を示す、熱貫流率は0.79W/㎡・K(縦すべり出し窓、トリプルガラス、クリプトンガス入り、内外Low-Eグリーンの場合。) 独自のトリプルガラスで、高性能と軽さを両立 通常のペアガラスよりも更に断熱性能が高いトリプルガラスには、ERSTER Xだけの特長があります。一般的に、トリプルガラスと言うと3ミリ同圧のガラスを重ねるのですが、ERSTER Xの場合は3ミリ・1.3ミリ・3ミリと、中間のガラスの厚みがとても薄くなっています。これのおかげで、性能はトリプルガラス、重量はペアガラスと同じレベルの軽さを実現しています。 シリーズ混在でも同一物件に採用可能 もう一つの特長は、デザインです。ERSTER S(エルスターエス)は、ERSTER Xのペアガラス仕様です。住宅によっては、この部屋はペアガラスに、向こうの部屋はトリプルガラスに…という細かい要望もあるかもしれません。そんな時にERSTERならSでもXでもデザイン(外観)が変わらないため、同一物件で混使用した際にも、外観の見え方が変わることなく、違和感なく統一できます。 ◇◇(株)LIXIL ERSTER X 紹介チラシ◇◇ YKK AP 株式会社 ― APW430 ― ネコのCMでおなじみのYKK AP(株)の商品からピックアップする高性能窓は「APW430」(エーピーダブル430)です。 高性能トリプルガラス樹脂窓APW430は、「高性能」「デザイン」「機能性」を併せ持った窓です。断熱性能を表す熱貫流率は0.91W/㎡・K(たてすべり出し窓+FIX連窓 ダブルLow-E アルゴンガス入りの場合)となっています。 2通りの開閉方法、「ツーアクション窓」 ご紹介したい特徴は、「ツーアクション窓」。これは、目的に応じて2通りの開き方ができる窓の種類です。 例えば、軽い雨の日や、窓を開けたまま換気がしたい方のための「内倒し」と室内側に大きく開く「内開き」の2パターンの開け方を選ぶことが来ます。 小さなお子様がいらっしゃる場合は「内倒し」、窓の拭き掃除をする場合は「内開き」等と、実際の生活をよく想像できます。 外の景色を最大限に楽しむため そして、もう一つの特長は大開口スライディング(横にスライドさせて開く窓)。日本では当たり前に普及している「引違い窓」と言われるスライディング系窓ですが、実は海外の住宅ではほとんど見ることができません。その理由として、このスライディング窓は、他の窓種と比べて断熱性能や気密性能で良い数値が出にくいため、高断熱窓ではスライディング窓はめずらしく、かつ開口面積が広い大開口スライディングはYKKAPのAPW430にしかありません。断熱性能と外観の楽しみを両立することができます。 リフォームで、樹脂窓にできる! そして、YKK APのAPW430は、樹脂窓でありながらリフォームで採用することができる窓です。現在の窓が、アルミサッシ+1枚ガラスの寒い窓であったとしても、YKK APの「かんたんマドリモ」という方法で、サッシは樹脂サッシ、ガラスはトリプルガラスの最新・高性能窓にすることができます。 施工事例>>  (株)ワイドアルミ 『かんたんマドリモ』でサッシをきれいに。 新築住宅への採用だけでなく、リフォームでも自信をもってご提案できる高性能窓です。 ◇◇YKK AP(株) APW430 紹介チラシ◇◇ 以上、窓メーカー3社の3商品の高性能窓を紹介させて頂きました。 新しくお家を建てる際や、リフォームの際にも是非一度ご検討下さい。 おすすめページのご紹介

続きを見る

キャンペーンのお知らせ

冬のキャンペーン最優秀者発表

冬のキャンペーン最優秀者発表 平成28年12月15日から平成29年3月31日の期間実施しておりました、「冬のほっこりリフォームキャンペーン」が終了し、最優秀賞が決定致しました! 3か月半で、なんと97通ものご応募を頂きました。 ご応募頂きました皆様、ご活用して下さいました窓専門店の皆様には心から感謝申し上げます。ご応募の中から、madoka事務局が選考し「最優秀賞」を決定いたしましたので、集計結果とともに発表致します。 冬のほっこりリフォームキャンペーンのおさらい 最優秀賞 千葉県柏市 K・S様 ◆千葉県柏市 築年数30年の戸建にお住まいの女性 ◆工事内容:ガラス交換・内窓設置 ◆採用商品:日本板硝子㈱「スペーシア」 YKKAP㈱「プラマードU」 ◆工事箇所:キッチン、リビング、洋室、洗面所 ◆工事店:株式会社 木村ガラス *断熱工事前・工事後写真* 他のご応募者様のコメントのご紹介♪ 東京都国分寺市 N・Y様 ◆東京都国分寺市 築年数20年の戸建にお住まいの男性 ◆工事内容:ガラス交換 ◆採用商品:日本板硝子㈱「スペーシア」 ◆工事箇所:キッチン、リビング、洋室 ◆工事店:株式会社 芹沢ガラス 東京都文京区 S・S様 ◆東京都文京区 築年数25年のマンションにお住まいの女性 ◆工事内容:内窓設置 ◆採用商品:YKKAP㈱「プラマードU」 ◆工事箇所:寝室 ◆工事店:関口硝子店 アンケート集計結果   アンケート結果より リフォームを実施した年齢別割合を見てみると、40代~60代が過半数を占める結果になりました。 工事内容は、内窓がトップに!続いてガラス交換が2位にランクインしております。窓リフォームの中でも、比較的工事が手軽に行えるものが人気のようです。 引き合い経路は1~3位が僅差で、紹介、チラシ、インターネットという結果に。 今の時代インターネットももちろん重要ですが、目にとまりやすいチラシで情報を得るお客様も沢山いらっしゃることがわかります。またご近所同士での口コミによって、リフォームを決心しお店に依頼した方もいました。 最後に 改めまして、「冬のほっこりリフォームキャンペーン」へのご応募・ご活用ありがとうございました。最優秀者様へのインタビュー記事も、出来次第すぐに追記させていただきます。 窓のコンシェルジュmadokaでは、今年の夏も皆様にとって有意義なキャンペーンを予定しております。 リフォームをご検討の方は、下記リンクもぜひご覧下さいませ。 ≪過去のキャンペーン≫ 私のスペーシア物語キャンペーン 最優秀賞発表 夏の窓辺物語キャンペーン 最優秀賞発表 第二回 私のスペーシア物語キャンペーン 最優秀賞発表 第二回 夏の窓辺物語キャンペーン 最優秀賞発表 冬のあったかリフォームキャンペーン 最優秀賞発表 夏のリフォームキャンペーン 最優秀賞発表

続きを見る

取材・調査

サーモカメラでガラス断熱比較実験!

サーモカメラでガラス断熱比較実験! 赤外線サーモカメラは映し出される色の違いによって、温度差を視覚でわかりやすく認識することが出来ます。今回はサーモカメラでガラスの水槽を撮影し、リフォーム用ガラスの断熱性能の比較実験を行いました! ガラスの水槽! ガラスの水槽は、4面が異なったガラスからできています。1枚ガラス、ペアガラス、薄型断熱ガラス「クリアFit」、真空ガラス「スペーシア」の4種類です。水槽の中に氷を入れると、ガラスの断熱性能によって表面温度に差がでます。触っても違いを体感できますが、今回はサーモカメラで色の違いを見ていきましょう。 イメージとしては、氷が入った水槽の内側が冬場の屋外で、ガラスの表面が室内側だと考えて頂くとわかりやすいと思います。 ガラス交換には真空ガラスが断然おススメ! こちらの写真は左が一枚ガラス、右がスペーシアです。一枚ガラスが真っ青なのに対して、スペーシアは赤く写っていますね。一枚ガラスとスペーシアでは表面温度にかなり差があり、断熱性能が大きく違うことがわかります。 一枚ガラスの場合、冬場にこれだけの冷気を家の中に取り入れてしまっていることになります。窓辺が寒いのは、一枚ガラスのせいだったのですね。 真空ガラスは厚みが6.2㎜と薄型のため、今お使いの一枚ガラス用のサッシに入れ替えることができます。簡単なリフォームで、外の冷気をシャットアウトしてみてはいかがでしょうか。 アタッチメント付きペアガラスより薄型断熱ガラス! こちらの写真は、左がアタッチメント付ペアガラスで、右が薄型断熱ガラス「クリアFit」です。ペアガラスは全体的に青いのに対し、クリアFitの中心部は赤くなっています。 近年新築住宅で頻繁に使用されているペアガラスは、最も薄型でも厚みが空気層と合わせると12㎜になります。一枚ガラスの標準の厚みは5㎜ですので、大きな差ができてしまいます。 そのためリフォームの際はサッシごと交換するか、もしくはアタッチメントという専用の接続部品を取り付ける必要がありますが、アタッチメントを取り付けるとその影響で性能が落ちてしまいます。 それに比べクリアFitは真空ガラスと同じで2枚のガラスの間が真空層になっており、6.2㎜と薄型です。アタッチメントが不必要になり、ガラスの断熱性能を落とすことがなくなります。また真空層が高い断熱性能を発揮しますので、アタッチメント付ペアガラスよりも表面温度が高くなっています。 真空ガラスと薄型断熱ガラスの違いはなに? こちらの写真は左が薄型断熱ガラス「クリアFit」で、右が真空ガラス「スペーシア」です。双方とも2枚のガラスの間は0.2mmの真空層ですが、いったい違いはどこにあるのでしょうか。正解は、ガラスにLow-E金属膜がコーティングされているかどうかにあります。 スペーシアは、室外に面したガラスの真空層側にLow-E金属膜がコーティングされていますが、クリアFit はコーティングが何もないフロートガラスを使用しています。 Low-E金属膜は熱移動量を小さくする効果があるため、断熱性能をアップさせます。冬場ですと外の冷たい温度を室内に伝えにくくし、また室内で暖めた温度を逃がしにくくします。さらに夏場もエアコンで冷やした温度を逃がしにくくし、一年中快適に保つことができます。 だから、クリアFitよりもスペーシアがサーモカメラの写真でも赤く写っていたのですね。断熱性能を考えた時、Low-E金属膜はとても重要なポイントになります。 最後に… それぞれのガラスの表面温度の違いをサーモカメラで見ていきましたが、ガラスによって断熱性能に大きく違いがあることがわかりましたね。ガラス交換のリフォームには、真空ガラス「スペーシア」か薄型断熱ガラス「クリアFit」がおすすめです! 窓をしっかり断熱して、冬も夏も快適に過ごしてみてはいかがですか? 窓リフォームの専門店はこちらから探すことができます! ほかにもお役にたつリンクが満載!     補助金を活用してお得に窓リフォームしよう! 断熱住宅で健康に①生活環境を整える 断熱住宅で健康に②寒い家は危険! 断熱住宅で健康に③ヒートショック予防

続きを見る

キャンペーンのお知らせ

デコ窓企画 結果レポート&お悩み回答

デコ窓企画 結果レポート&お悩み回答 お部屋写真共有SNSアプリの「RoomClip」と協同で行ったデコ窓企画では、おかげさまでたくさんのデコ窓写真が集まりました! 企画の結果報告と集まったお悩みに役立つmadokaの特集記事をご紹介します。 目次 デコ窓投稿キャンペーンについて キャンペーン結果まとめ 受賞作品発表! お悩み回答まとめ キャンペーン結果まとめ 集まったデコ窓写真はなんと505枚! おかげさまでたくさんの方にご応募いただき、大盛況のうちに終了致しました! 受賞作品発表! 受賞者はこちらの5名様に決定させていただきました! (※クリックでRoomclipへリンク) madokaがお悩みに回答! (※コメントをクリックすると、Roomclipの投稿写真が見れます) 冬の悩みは、やっぱり結露! 〈お悩みコメント〉 集まったお悩みの中でもっとも多かったのは、「結露」に関する内容でした。1枚ガラスから伝わってくる外気の冷たさや、観葉植物による水蒸気の発生によって、結露が発生しやすい状況になっているのかもしれませんね。 ガラス屋さんが選ぶ「結露対策商品ランキング」 寒さの伝わりにくい窓にリフォームすることで、結露が軽減できることは聞いたことはあっても、どんな商品がいいの?と悩む方は多いもの。窓リフォームのプロがおすすめする、結露対策商品をご紹介します。 真空ガラスの断熱効果は?!密着取材! こちらの記事では、実際に結露に悩んでいるお宅を「真空ガラス」にリフォームした模様を密着取材しています。リフォーム後の温度変化もレポートしているので、リフォームをご検討中の方は参考にしてみてくださいね! リフォームしたいけど費用が高そう… 〈お悩みコメント〉 そんな方には、窓のリフォームだけで受けられる補助金や優遇税制がおすすめです。リフォーム工事の内容や金額、お住まいの地域によって、受けられる優遇制度は異なりますが、お得に窓リフォームができるチャンスです! 窓リフォームで使えるお得な制度一覧 結露も寒さも抑えるには、内窓が最適? 〈お悩みコメント〉 madokaには、窓リフォームの施工事例が1,000件以上集まっています。同じような悩みを持っている方は、実際どんなリフォームを行っているのか、気になりますよね。 こちらの記事では、お悩みランキングと共にお悩み別の工事内容をご紹介しています。冬の寒さや結露にお悩みの方の多くが、内窓の取付工事を採用されているようです。窓の専門店からのプロ目線のご意見も合わせて、参考にしてみてくださいね。 データ分析 お悩みランキング ガラス屋さんが選ぶ「内窓ランキング」 西日の眩しさが耐えられない窓には? 〈お悩みコメント〉 今回の投稿キャンペーンでは、日差しよけの窓をDIYされているケースがたくさんありました。DIYの他には、どのような対処方法があるのでしょう。いくつか方法をご紹介します。 窓から見直す紫外線対策 窓専門店が選ぶ『暑さ対策ランキング』 ガラス自体にUVカット・遮熱効果の施された商品もあるんです。ただし、紫外線カット率の高いガラスは、窓辺の日差しを大幅にカットしてしまうため、ぽかぽかした陽だまり感もなくなってしまいます。冬には寒く感じてしまうこともあるので、ご検討の際は窓の専門店にご相談してみてください。 夏の暑い時期だけ、部屋の外側から日差しを防ぐ「日よけ(シェード)」を使う方法も、おすすめですよ。 透明ガラスは人目も防犯も気になる・・・ 〈お悩みコメント〉 ご近所との距離が近い場合や、人通りの多い道路に面するお宅で多かったのが、透明ガラスだと人目や防犯面で気になる・・・というお悩み。目隠しシートを貼って対策を取られている方もたくさん見受けられましたが、ガラスにフィルムを貼ることによって日射熱吸収率が高まり、ガラスにひびが入る熱割れという現象を引き起こしやすくなるので、注意が必要です。 断熱ガラスでも、すりガラス仕様のものがありますので、断熱+目隠しの一石二鳥になるガラスの交換という方法も考えてみてくださいね。 くもりタイプの真空ガラスで、プライバシーも守る! いかがでしたか?窓のリフォームについて、もっと詳しく知りたい!という方には、安心して窓リフォームをお任せできる専門店をご紹介いたします。リフォームの事例写真も、参考にしてみてくださいね。

続きを見る

マンション

窓の大規模改修工事Q&A

窓の大規模改修工事Q&A マンションの資産価値向上のためにも窓の改修工事は必須事項です。 マンション管理組合の理事になり、 私のマンションも窓の大規模改修工事を!と思っても、 数々の疑問が出てきます。 「どのタイミングで工事に着手するのか?」「工事の流れは?」 「工事期間はどのぐらいなのか?」「どこにお願いすればいい?」 などなど・・・窓の大規模改修工事に対する疑問は数多くあると思います。 ここでは皆様の抱えている疑問に答えていきます。 Q.1 修繕・改修の違いって? Q.2 いつ、どの部分の工事に踏み出せばいい? Q.3 窓の大規模改修工事の全体の流れは? Q.4 工事業者選び、ポイントは?   Q1.修繕・改修の違いって? 修繕というのは、 壊れたり悪くなったところを元に戻す・直すこと 改修というのは、 今あるものに付加価値を付けて新しくすることを指します。 健全なマンションを維持していくためには開口部の管理が必要です。 劣化度合いによって修繕工事と改修工事のどちらが必要なのか判断を致します。 ★判断基準とは? 窓(アルミサッシ)の交換工事ではカバー工法を主に行います。 カバー工法とは、既存の窓枠の上から新しい窓枠を取り付ける工法です。 古いガラス障子を取り除き、 窓枠を残したまま新しいガラス障子を取り付けるため、 窓周りの壁や床を工事することなく取替が可能です。 ★カバー工法 工事手順 ↓カバー工法についてはコチラもどうぞ↓  カバー工法、ご存知ですか? Q2.いつ・どの部分の工事に着手すればいい? 窓の改修工事を実施したマンションでは、 いつ・どの部分の改修工事に着手したのでしょうか? 長期修繕計画に開口部改修工事の予定がある場合、 3回目の大規模改修時期で開口部カバー工法工事が 実施されることが多いようです。 しかし、居住者様へアンケートを行った結果、 「開け閉めがしにくい」「窓辺が寒い」等の声が多い場合は 改修工事の時期が早まることもあります。 Q3.窓の大規模改修工事の流れは? 窓の大規模改修工事は一般的に下記の流れで進められます。 窓の改修工事をするには、現場確認や採寸と本工事の計2回、 居住者様のお部屋に上がる必要があります。 そのため、工事を円滑に進めていくには、 居住者様全員のご理解・ご協力が必要となります。 ↓マンション改修について詳しく知りたい方はコチラ↓  マンションの維持・管理 Q4.工事業者選び、ポイントは? 工事業者を選ぶ時、どこに注目しますか? 価格のみを優先してしまう方が多いかもしれませんね。 しかし、価格だけが良くても窓の大規模改修工事は円滑に進められません。 居住者様のご理解とご協力を得ることのできる業者選びが重要となります。 居住者様に大規模改修工事についてご理解いただくための、 ☑工事説明会 ☑居住者様へ施工日のアンケート ☑実測・施工前の在宅確認電話 ☑工事後不具合のアフターサービス など、工事業者のサポート体制にも注目して選んでみましょう。 まとめ ■「修繕工事」「改修工事」のポイントは  ①劣化状況と②住民要望で見極めましょう。 ■窓の大規模改修工事では、  居住者様のご協力が必要不可欠! ■工事業者選定の際は価格のみでなく  「工事全体のサポート体制」  ・工事説明会  ・居住者様へ施工日のアンケート  ・実測・施工前の在宅確認電話  ・工事後不具合のアフターサービス  にも注目をしてみましょう。 ↓あわせてコチラもどうぞ↓ 窓の大規模改修 ↓マンション特集ページへ↓ マンション特集

続きを見る

取材・調査

真空ガラス実験動画

真空ガラス実験動画 断熱性能が抜群と言われている真空ガラス スペーシア。 その性能を証明すべく、今回実験を行いました!! 真空ガラス スペーシア VS 瞬間冷却スプレー 必見です! 実験内容 真空ガラススペーシアに瞬間冷却スプレーを裏面に20秒間噴射。 表面温度を測定し、温度変化を観察。 比較対象として、同様の実験を一枚ガラスでも行う。   動画 真空ガラス スペーシア VS 瞬間冷却スプレー 画像をクリックすると、動画が流れます。↓↓ はたしてスペーシアは瞬間冷却スプレーを噴射しても、 表面温度を一定に保つことができるのでしょうか?!   ぜひ、動画でスペーシアの性能の高さをご覧になってください!  

続きを見る

キャンペーンのお知らせ

冬のほっこりリフォームキャンペーン

冬のほっこりリフォームキャンペーン 今年も、冬のキャンペーンが始まります!! 今年は11月に関東でも雪が降ったりと、急に寒くなってきましたが 皆様冬支度はお済でしょうか。 暖かくて快適に冬を過ごすためには、 洋服や暖房設備を準備するだけでは実は足りないんです!! 冬の快適さを左右するポイントは、住宅の断熱性能にあります!!         特に熱の出入りが激しい窓やドアの開口部の断熱性を高めることで、 暖房をたくさん使用しなくても暖かく過ごせるようになります。 また冬にやっかいな結露も、リフォームで軽減されます! 今年は窓リフォームをして、節電しながら暖かく、 ほっこりとした快適な冬を過ごしてみてはいかがですか?   冬のほっこりリフォームキャンペーン 窓のコンシェルジュ madokaに登録されている「窓の専門店」による 開口部リフォームを行い、感想カードを送るともれなく クオカード2000円分プレゼント! さらに、最もステキな感想を送って下さった方には、 クオカード5000円分をプレゼント! ひとりでも多くの方のステキな感想をお待ちしておりますので、 ぜひこの機会をお見逃しないように!   ◆対象工事期間◆ 2016年10月1日(水)~2017年3月31日(金) ◆応募期間◆ 2016年12月15日(水)~2017年3月31日(金) ◆応募条件◆ ●対象期間中に、対象商品を使用した工事をしている。 ●お一人様につき、1回のご応募のみ。 ※また、madoka登録店様が施工していること。 ◆対象商品◆ ●内窓(ガラスの条件はなし。メーカーは問いません。) ●真空ガラススペーシア(クリアFit、スペーシアクールも対象。) ●外窓交換・カバー工法(複層ガラス以上。メーカーは問いません。) ●リフォーム玄関ドア(勝手口も対象。メ-カーは問いません。) *詳しくは、キャンペーン説明チラシをクリック!↑↑* 最近注目されているヒートショックの予防にも、窓の断熱は効果的です 家庭内でヒートショックによる年間死亡者数は、 おおよそ全国で17,000人に上ります。 なんと交通事故による年間死亡者数の3.7倍に当たります。 住宅内の温度差が原因で起こるヒートショックは、 廊下やお風呂場の窓の断熱化によって、大幅に防ぐことができます。 今までの一枚ガラスから、真空ガラス「スペーシア」に交換したり、 内側にもう一つ窓を取り付ける内窓設置など、方法もたくさんあります。 廊下や脱衣所、風呂場なども暖かく保つことができれば、 これからの季節も安心ですよね。 家のどこにいてもぽかぽか暖かい、そんな理想的な生活を 窓リフォームで手に入れてみませんか?   詳しい内容はこちらをご覧ください! 断熱住宅で健康に③ヒートショック予防   冬におすすめリフォームや、断熱と健康についての特集ページはこちら! ①窓断熱のポイント ②結露の原因は室内の湿気と「冷たい窓」 ③断熱住宅で健康に①生活環境を整える ④断熱住宅で健康に②寒い家は危険!   こちらのページも参考にしてみてください。 過去のmadokaキャンペーンもご覧ください

続きを見る

キャンペーンのお知らせ

夏キャンペーン最優秀者発表

夏キャンペーン最優秀者発表 3ヵ半実施しました「夏のリフォームキャンペーン」が無事に終了し、最優秀賞が決定いたしました! 2016年6月15日~2016年9月30日までの3ヶ月半の期間で75通のご応募を頂きました。ご応募頂きました皆様、ご活用して下さいました窓専門店の皆様、ご協力誠にありがとうございました。ご応募の中から、madoka事務局が選考し「最優秀賞」を決定いたしましたので、集計結果とともに発表いたします。 今回は、【窓部門】と【玄関ドア部門】の2部門で最優秀賞をご用意いたしました。 夏のリフォームキャンペーンをおさらい -窓部門- 最優秀賞 東京都中野区 N・A様 ●東京都中野区 男性 築年数4年 戸建 ●採用商品:日本板硝子(株)「スペーシア クール」 ●工事箇所:洋室1室 ●工事店 :北澤硝子店 -玄関ドア部門- 最優秀賞  東京都昭島市 K・M様 ●東京都昭島市 女性 築年数34年 戸建 ●採用商品:YKK AP(株)「ヴェナートRD M05V」 ●工事箇所:玄関1箇所 ●工事店 :(株)芹沢ガラス 最優秀賞に輝かれた皆様、誠におめでとうございます。 皆様の「夏の快適リフォーム体験談」がより多くのリフォーム検討中の方の参考になると幸いです。 そして、今回集まりました75通のアンケート結果もあわせてご紹介します。皆様のリフォーム検討の一助になればと存じます。 アンケート集計結果 アンケート結果より 夏の時期の窓リフォーム目的も、昨年冬と同様「結露」が最も多い結果となりました。そして、工事別でみてみると、最も多かったのは「ガラス交換」。内窓とガラス交換の複合工事も多く、皆さんがその部屋の細かな目的や用途に合わせて自分のお部屋にあった窓リフォームをしていることが分かりました。玄関ドアのリフォームも14件と三位に入っていて、ドアリフォームが普及してきていることがわかりました。 最後に 改めて、「夏のリフォームキャンペーン」へのご応募・ご活用ありがとうございました。最優秀者様へのインタビュー記事も、出来次第すぐに追記させていただきます。 窓のコンシェルジュmadokaでは、今後も皆様にとって有意義なキャンペーンを予定しております。 リフォームをご検討の方は、下記リンクもぜひご覧下さいませ。 ≪過去のキャンペーン≫ 私のスペーシア物語キャンペーン 最優秀賞発表 夏の窓辺物語キャンペーン 最優秀賞発表 第二回 私のスペーシア物語キャンペーン 最優秀賞発表 第二回 夏の窓辺物語キャンペーン 最優秀賞発表 冬のあったかリフォームキャンペーン 最優秀賞発表

続きを見る

キャンペーンのお知らせ

デコ窓写真 投稿イベント

デコ窓写真 投稿イベント 12月8日より、お部屋写真共有SNSアプリの「RoomClip」にて デコ窓写真 投稿イベントを開始しました!! 詳細はRoomClipイベントページをチェック!(※画像をクリック) みなさんのお部屋の窓を素敵にデコレーションした写真を投稿して、 是非キャンペーンにご応募ください♪ 素敵なお部屋写真を投稿してくださった方には、 商品券などのプレゼントがもらえます!(^^)! クリスマスやお正月などでお友達や親戚が遊びに来たり、 おうちで過ごす時間が何かと多いですよね! 季節のイベントに合わせて、窓をデコしてインテリアを楽しみましょう♪ みなさんの素敵なデコ窓写真をお待ちしております(^o^) ♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ デコ窓とは・・・? 「デコ窓(※)」とは、ステキにデコレーションした窓のこと! 窓にシールを貼ったり、ライトや飾りでデコレーションをしたり。 出窓にモノを置いたり飾ったり・・・デコ窓の楽しみ方はひとそれぞれ。 季節のイベントや窓の外に見える風景と一緒に、おうちの窓を着せ替えして 楽しみましょう♪ ※マテックス(株)による造語です。 ♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ デコ窓やRoomClipについては下記ページをご覧ください。 「デコ窓」でインテリアを楽しみませんか?

続きを見る

PAGE TOP

窓のコンシェルジュ「madoka」

madoka公式ページ

@madoka_story