お電話は0120-306-300

大庭みゆき氏私の快適性×窓

大庭みゆき氏私の快適性×窓

大庭みゆき氏窓コラム④

大庭みゆき氏窓コラム④ ≪プロフィール≫ 株式会社 環境エネルギー総合研究所 代表取締役所長 大庭みゆき氏 財団法人省エネルギーセンター勤務を経て平成10年、株式会社環境エネルギー総合研究所を設立しました。「生活者の視点でフィナンシャルにエネルギーを考える」をモットーに、家庭を中心としたエネルギー関連調査、省工ネアドバイスを行っています。納得できる暮らしの質の向上にこだわる住宅などの研究にも注力されています。                                   エネルギー関係のエンジニアであり主婦でもある大庭氏に今月から4回に分けて、女性の視点とエンジニアの視点の両方から様々な角度で「窓」についてお話いただきます。 株式会社 環境エネルギー総合研究所 http://www.eer.co.jp/ 【第四回】スペーシア×〇〇 スペーシア×○○とは、真空ガラス「スペーシア」と何か他のコラボという意味です。 1.スペーシア×オープンキッチン  近年の住宅トレンドの一つにオープンキッチンがあります。オープンキッチンは料理をしながらリビングやダイニングの様子が見えるので、子どものいる家庭によく好まれます。  実は我が家もオープンキッチンですが、実際に使ってみると困ったことも出てきました。その一つが冷房使用時に料理をするとその熱がリビング側に流れて、リビングが暑くなることです。省エネ的に言うと、料理の熱によって冷房している室内の熱量が増加し、それを取り除くためにエアコンは余計な電気を使って冷すことになり、増エネになります。  そこで、考えたのがスペーシアとのコラボです。キッチンの前にスペーシアの壁を作るということです。これによってキッチンとリビング側の景観(見通し)は連続しつつ、空間(熱の出入りを防ぐ)を区切ることができるようになります。(スペーシアではないガラスで区切られているのはレストランなどでも見かけることがありますね。) 2.スペーシア×UVカット  突然ですが、虹の一番下の色は何色でしょうか?答えは「紫」です。人が見える光(これを可視光線と言います)の中で最も波長が短い色が紫で最も波長が長い色が赤です。紫より更に波長が短いもの、つまり紫の外だから「紫外線」、英語で言うと「Ultra Violet.」。どこかで聞いたことがありませんか?そう日焼けどめや日傘などに使われているUV防止、UV加工等の「UV」です。  そしてこのUVにスペーシアは大きく関わっています。スペーシアが赤外線だけではなく紫外線も通しにくいことをご存知ですか?例えばスペーシアクール静の場合UVカット率は99.8%、つまり有害紫外線をほとんど通さないので畳や家具、カーテンの変色、褐色を防ぐ効果があります。私の実家では和ダンスの置いてある部屋にスペーシアを入れています。絹が紫外線で黄変することを防ぐためです。大切な着物の保管にもスペーシアは活躍しています。  また紫外線は太陽光だけではなく蛍光灯等一部の照明ランプからも出ることがあります。夜、蛍光灯をつけたら虫が集まってきたというご経験はありませんか?虫は300nm~400nm(ナノメーター、1mmの1/1000000)の紫外線に集まりやすい性質があるからです。網戸に虫がびっしりで、掃除が大変というお宅にもスペーシアをオススメします。室内照明から出る紫外線をカットするので、虫が集まりにくくなります。 3.スペーシア×グリーン  東京に住んでいると時々無性に緑が恋しくなります。アジアンダムやつりしのぶ等は葉が軽やかで今からの季節にはピッタリです。透け感のある葉を見ているだけで、涼しさを感じられます。エアコンをかけている部屋では特に自然の緑があると「ホッ」とした感じを受けます。私もアジアンダムが大好きで350円程度の鉢植えを5つぐらい買って、寄せ植えをして楽しんでいます。ちょっと欠けたけれど捨てられないガラスの鉢や使わなくなった花器等を使ってもステキです。我が家にはガラスのテーブルがあるので、たまにはそのテーブルの下にグリーンと揺らぐLEDランプを置いて、楽しんでいます。  ところが困ったことが一つあります。それはアジアンダム等の軽やかなグリーンが太陽光と熱にめっきり弱いということです。ちょっと油断するとすぐにしおれてしまい、葉が枯れます。一旦枯れた葉はもうどうしようもなく、泣く泣く処分することになります。  しかしスペーシアの入った窓ならばそんな心配は無用です。可視光線を通して、赤外線を通しにくいスペーシアはアジアンダムにとって最適な窓です。  今回は『窓』をテーマに4回にわたってコラムを掲載してきました。このコラムを読んで頂くことで、窓を色々な視点から見ると別の景色がみえてくることに気づいて頂けたら嬉しいです。どこの家にも必ずある窓、窓は私たちの暮らしを豊かにしてくれたり健康にしてくれることもできる中々の優れものです。我が家の窓をもう一度見直してみませんか?

続きを見る

大庭みゆき氏私の快適性×窓

大庭みゆき氏窓コラム③

大庭みゆき氏窓コラム③ ≪プロフィール≫ 株式会社 環境エネルギー総合研究所 代表取締役所長 大庭みゆき氏 財団法人省エネルギーセンター勤務を経て平成10年、株式会社環境エネルギー総合研究所を設立しました。「生活者の視点でフィナンシャルにエネルギーを考える」をモットーに、家庭を中心としたエネルギー関連調査、省工ネアドバイスを行っています。納得できる暮らしの質の向上にこだわる住宅などの研究にも注力されています。                                   エネルギー関係のエンジニアであり主婦でもある大庭氏に今月から4回に分けて、女性の視点とエンジニアの視点の両方から様々な角度で「窓」についてお話いただきます。 株式会社 環境エネルギー総合研究所 http://www.eer.co.jp/ 【第3回】「お風呂場パラダイス」 冬季、暖房した住宅の開口部(窓)から約48%の熱が外に逃げると言われています。そこで、窓のリフォームは住宅の断熱性能を高め、快適性を向上させるためには、とても重要なことです。2015年4月末の省エネ住宅ポイントの実施状況を見ると、東京都ではリフォーム件数の約88%の方が窓のリフォームをされ、一般の方にも窓の断熱意識が高まってきているようです。 しかし弊社が実施した調査結果を見ると、本当に窓断熱が必要な箇所の断熱リフォームは実施されているのだろうか?と思うことがあります。 首都圏在住者約2,000人に住宅の不満を尋ねたところ、住宅内で寒い場所の上位3つは「浴室」、「脱衣所・洗面所」、「玄関」でした。このうち「浴室」と「脱衣所・洗面所」は裸になる場所です。「でも寒いのは短い時間だから、我慢すればいい。お風呂に浸かれば暖かくなるから。」と思われる方もあるかと思いますが、それは大きな間違いです。浴室等が寒い住宅は大きな健康被害を招く可能性があるからです。東京都健康長寿医療センター研究所が実施した2011年一年間の浴室での心肺停止状態の実態調査によると、年間約17,000人もの方がヒートショックに関連した入浴中の急死をしたと推計され、交通事故による死亡者数(4611人)を大きく上回っています。特に外気温が低い冬季(12月~1月)の件数は夏季(8月)の約11倍にもなります。 ご自宅の浴室は冬、暖かいですか? もし浴室が寒いならばそれは下の写真のような感じかもしれません。これは断熱していない窓をサーモビュワーで撮影したものです。青いところ程温度が低く緑⇒黄色⇒赤になる程温度が高いことを示しています。 暖気は軽いので上に溜まります。天井が暖かいのはそのためです。窓は単板ガラスなので断熱性能が低く濃い青色(温度が低い)に写っています。このような浴室や脱衣所で入浴した場合の血圧変化は、服を脱ぐ前(血圧は通常)⇒脱衣所で服を脱ぐ(寒いので血管が締まって血圧が上昇)⇒裸になって浴室に入る(浴室が寒いので更に血管が締まって血圧が更に上昇)⇒寒いから急いで熱いお湯に浸かる(一気に血管が開いて急激に血圧が低化)という状況になることもあり、入浴事故等につながる可能性があります。     浴室の窓リフォームはとってもお得!? ところで、浴室の窓はリビング等に比べると小さいことが多いのでスペーシア等の高断熱ガラスに交換されても費用はリーズナブルです。少ない費用で大きな快適性と健康効果を得ることができます。特に高齢者の方にはお勧めです。高齢者の方は年間を通して浴槽入浴を好まれる方が多いのですが、「お風呂には入りたいけれどお風呂場が寒いのが嫌。」や「足が悪いので衣服の脱ぎ着は椅子に座ってするのでとても時間がかかる。それで脱衣所が寒いので電気ストーブを置いている。」等のお声を聞くことがあります。暖房機器がなくても暖かい脱衣所や入浴が楽しくなる浴室は高齢者の方には大きな生活の楽しみです。高断熱窓は省エネや快適性だけではない健康や楽しみ等様々な便益を産む可能性があるということだと思います。またお勧めは高齢者の方だけとは限りません。乳幼児の入浴をされるお母さんにもお勧めです。寒い脱衣所で自分も裸のまま赤ちゃんが風邪を引かないようと気遣いながらお世話をするのはとても大変です。暖かい脱衣所は赤ちゃんにとってもお母さんにとっても、とても大切です。 浴室がリフォームされないのはなぜ? 先の調査では回答者全体の約3割の住宅で寒い「浴室」や「脱衣所・洗面所」がありました。ところがリフォームをされた方の調査をすると、「リフォームの優先順位の第1位は間取りとインテリア」でした。「なぜ寒い浴室をリフォームしないのか?」その理由の一つが「寒さの原因が窓にあることを知らない方が多いから」です。寒い浴室がガラスの交換だけで、とても暖かくなります。 是非、知らない人に教えて下さい。「窓を変えるとお風呂場がパラダイスになるよ。」と。    

続きを見る

大庭みゆき氏私の快適性×窓

大庭みゆき氏窓コラム②

大庭みゆき氏窓コラム② ≪プロフィール≫ 株式会社 環境エネルギー総合研究所 代表取締役所長 大庭みゆき氏 財団法人省エネルギーセンター勤務を経て平成10年、株式会社環境エネルギー総合研究所を設立しました。「生活者の視点でフィナンシャルにエネルギーを考える」をモットーに、家庭を中心としたエネルギー関連調査、省工ネアドバイスを行っています。納得できる暮らしの質の向上にこだわる住宅などの研究にも注力されています。                                   エネルギー関係のエンジニアであり主婦でもある大庭氏に今月から4回に分けて、女性の視点とエンジニアの視点の両方から様々な角度で「窓」についてお話いただきます。 株式会社 環境エネルギー総合研究所 http://www.eer.co.jp/ 【第二回】窓×やすらぎ 窓には色々な顔がある。 透明な窓ガラスは、家の中と外の区切りを取り払います。 ガラスによって空間は区切られますが、目で見る「景観」は連続しているので、外との一体感や広がりを感じることができます。キッチンに窓があると料理をしながら外の景色を眺めることができます。お隣の窓辺に飾られた花や建物の上に広がる空、雨に濡れた庭の風情などをガラス越しに見ることは、日々の暮らしの中での季節を感じられる、ちょっとした安らぎの時間です。 その一方で、窓は熱の出入り口にもなっています。秋の小春日和の日差しの暖かさにやすらぎを感じることもできますが、結露が一番できやすい寒い場所にもなっています。そんな窓を通して感じる““やすらぎ””を考えてみました。 (1)1/f ゆらぎ 蛍光灯の光とロウソクの光、扇風機の風と自然の風、水道から流れる水の音と小川のせせらぎ、あなたはどちらにやすらぎを感じますか?ロウソクの炎や自然の風、小川のせせらぎ等には1/f ゆらぎと言われる不規則な動き(ゆらぎ)が含まれています。 最も有名な1/f ゆらぎは人間の心拍のリズムです。またモーツアルト等のクラッシク音楽には多くの1/f ゆらぎが含まれていると言われています。1/f ゆらぎは自然現象の中に多く含まれています。“窓”を通して木漏れ日や葉ずれ等を眺めるだけでちょっとしたやすらぎを感じることができます。 自宅やオフィス、学校の窓からそんな1/f ゆらぎを感じる自然を探してみませんか? (2)当世お風呂事情 日本人は昔からお風呂大好きです。若年層を中心とするシャワー派とシニア世代が好む浴槽入浴派のいずれもが、入浴には単なる体の洗浄というだけではなく「リラックス」や「リフレッシュ」を求めています。ある調査によると日本人の平均入浴時間は約30 分で、その内の半分約15 分間浴槽に浸かっているそうです。平日の起床在宅時間(家にいて起きている時間)は約8 時間15 分(NHK 放送文化研究所2010 年国民生活時間調査)と言われているので、在宅時間の約6%(有職者は約8%)を浴室で過ごしていることになります。 そんなに長くいる大好きな浴室ですが、昨年弊社で行った調査によると住宅の不満の第3位が「浴室が寒い」(約3割の人が浴室が寒いと回答)でした。戸建住宅では浴室への不満が全体の約4 割程度までありました。 ではどうして浴室は寒いのでしょうか?その原因の一つが方角です。浴室が南側にある住宅は少なく北向き等に設置されています。 もう一つの原因が浴室の“窓”です。浴室の窓の断熱性能が低いと浴室が寒くなります。熱は温度の高い方から低い方に流れます。また温度差が大きいほど早く大量の熱が流れます。お風呂のお湯の温度と浴室窓温度の差が大きいほど窓から熱が流れて行くのです。これによってお湯が冷めやすくなり沸かし直しの回数が増える可能性があります。 また東京都健康長寿医療センター研究所によると、2011 年には約1 万7,000 人もの人々がヒートショックに関連した入浴中急死をしたとみられ、その数は交通事故による死亡者数(4,611 人)を大きく上回っています。特に外気温が低くなる12 月から1 月にかけて、入浴中に心肺機能停止となる人が、もっとも少ない8 月のおよそ11 倍に急増しています。 やすらぎを得るための楽しいお風呂でのこのような事故を防ぐためにも、窓の断熱強化は大切です。特に入浴を楽しみにしている高齢者の方には暖かい浴室は何者にも代え難いものです。 実は私の自宅の浴室にも窓があり、単板ガラスだったので冬はシャワーを流しっぱなしにしていないと寒くていられませんでした。それを高断熱ガラスに変えたところ、驚くことに浴室に湯気が見えるようになりました。リーズナブルな費用で短い時間で(2~3時間)、こんな暖かさが得られ、大満足です。 ご両親へのプレゼントに““暖かい窓ガラス””のプレゼントは如何ですか?

続きを見る

大庭みゆき氏私の快適性×窓

大庭みゆき氏窓コラム①

大庭みゆき氏窓コラム① ≪プロフィール≫ 環境エネルギー総合研究所 代表取締役所長 大庭みゆき氏 財団法人省エネルギーセンター勤務を経て平成10年、株式会社環境エネルギー総合研究所を設立しました。「生活者の視点でフィナンシャルにエネルギーを考える」をモットーに、家庭を中心としたエネルギー関連調査、省工ネアドバイスを行っています。納得できる暮らしの質の向上にこだわる住宅などの研究にも注力されています。                                   エネルギー関係のエンジニアであり主婦でもある大庭氏に今月から4回に分けて、女性の視点とエンジニアの視点の両方から様々な角度で「窓」についてお話いただきます。 【第一回】見るをテーマに窓を考えよう。 目は心の窓!? 日本語で「窓」は単なる住宅の開口部を示すものだけではなく、「目は心の窓」と言うように「目」の意味も含まれています。興味深いことに英語で窓を表す“Window”も由来をたどると「風の目」という意味を持ちます。洋の東西を問わず人は窓に目をイメージするようです。目と窓には内と外をつなぐ場所という意味で共通性があるようです。更にもう一つの共通性は「飾る」ということです。アイメークやメガネ、コンタクト等、人は目を飾ります。ヨーロッパ等では凝った窓はあまり見かけませんが、多くの住宅の窓辺には美しい鉢植えが飾られ、窓を花で飾る習慣があります。一方日本では、戸建住宅で時折、窓辺を花で飾っている家を見ますが、マンション等の集合住宅では居住規約等の制約のためか、ほとんど見かけません。 しかしながら日本にはもともと窓を飾る文化がありました。窓を掛け軸に見立てて庭の景色を住まいの中にとりこんだり、上下、二つの窓の配置をわざとずらして茶室に趣を出す「色紙窓」などです。面白いものでは、京都の商家で使われていた紅殻格子の窓は細い格子の本数によって家業が分かる(米穀店は1 本、呉服屋は2 本等)ようなものもあります。そのように窓に遊び心を持っていた日本人ですが、近頃はクリスマスの頃を除いて、あまり窓を飾らなくなってしまいました。 そこで、新しい季節の始まりとともに、窓を飾ってみませんか?何の変哲もない普通の窓でも、飾り方によってびっくりするほど印象を変えることができます。飾る窓はリビングの窓だけとは限りません。お風呂場の窓やキッチンの窓等、日頃は忘れがちな窓にも注目して見て下さい。その窓から見える景色、あなたの「!」(感動)を窓に足し算しましょう。 窓を飾る時のポイントは、テーマを決めること! 例えば「外の景色をもっと楽しむための窓」や「季節を感じるための窓」、「我が家のニャンコがくつろぐための窓」などなど、テーマを決めて取り組むと迷いが少なくなり、結果として完成した窓に統一感が生まれます。ちなみに我が家のキッチンにある窓のテーマは「やる気が出る窓」です。「今日は料理をしたくないなぁ。」という日、この窓を見るとやる気が出ます。 実は窓にかけてあるレースのカーテンの柄が色々な人の顔のマンガになっていて、見るたびに思わず「ニヤッ。」とするのです。笑うことでリラックスして気分転換になります。そのような窓の飾り方をいくつかご紹介しましょう。 (1)夜景を楽しむ~光で窓を飾る~ 夜景が綺麗な窓をお持ちだったら、是非夜景を楽しむために「光」で窓を飾りましょう。 写真の照明は電池で動くロウソク型のLED ランプです。天井の照明を消して窓辺に置いたLED ランプの揺らぐ光で窓を飾ると、昼間見過ごしていた美しいものが見えてきます。 (2)カーテンで遊ぶ~たかがカーテンされどカーテン~ 窓にカーテンはつきものですが、「窓を楽しむため」にカーテンを選ぶと普段と違ったチョイスになり、ちょっとしたプチリフォームになります。 写真はレースと厚地のダブルかけのカーテンを使って、「毛糸玉で遊ぶ猫」を窓に作ってみました。猫好きだけど事情があって猫が飼えないお宅でもこれなら大丈夫です。たかがカーテンですが毎日見るものなので、されどカーテンです。季節に合わせてカーテンを変えるのもお勧めです。カーテン生地ではないもので作ると面白いカーテンができます。実はこのカーテンには更に仕掛けがあって、夜になるとベランダのLED の鳥が灯り、カーテン越しに「猫と小鳥」が遊んでいるように見えるようになっています。昼と夜で二通りの窓を楽しむことができるんです。

続きを見る

 


PAGE TOP

窓のコンシェルジュ「madoka」

madoka公式ページ