お電話は0120-306-300

暮らしを守る窓

暮らしを守る窓

泥棒の6割は窓からやってくる!

泥棒の6割は窓からやってくる! どろぼうの侵入場所 どろぼうはどこから入ってくるのでしょう?侵入に成功したどろぼうの約6割は窓からという統計データがあります。窓の侵入対策は、空き巣を防ぐ上で重要です。ガラス破り・締め忘れが、どろぼうの侵入手段トップ2。割れにくい「防犯ガラス」や、空かけをふせぐ鍵などが効果を発揮します。お手軽なものでは、後付けできる補助錠や防犯フィルムなど様々な防犯グッズが売られています。 「網入りガラス」に防犯効果はありません 網入りガラスは、その見た目から防犯用と思われていることが多いのですが、実は防火用に設置されています。火災のときに熱でガラスが割れてしまっても、網によって破片が脱落しないため、炎が入ってくるのをふせぎます。(ちなみに網の入っていない「ワイヤレス」の防火用のガラスもあります。網のないクリアな視界と高い強度が特徴です。)

続きを見る

暮らしを守る窓

窓から見直す防犯対策

窓から見直す防犯対策 都市防犯センターの統計によると、どろぼうが侵入をあきらめる時間は、5分以内が約7割。 5分かかっても鍵が開けられない、5分かかってもガラスを破れない、など、"5分"の間、侵入に耐えられることが、防犯性能の一つの基準になっています。 どろぼうが侵入をあきらめる窓に。窓の防犯対策をご紹介します。 ガラス破りを防ぐ どろぼうの被害にあった家は、どのように侵入されてしまったのでしょうか? 警察庁の統計によると、窓からの侵入に成功したどろぼうの約6割がガラスを破って入ってきています。 特に、3階建以下のマンションでは、65%がガラス破り。 窓の防犯は、ガラスを簡単に破らせないことが重要だと言えます。 そこで、活躍するのが「防犯合わせガラス」。 2枚のガラスの間に、破られにくい中間膜や、打たれても破られないポリカーボネート板をはさみ込んでいます。 「こじ破り」や「打ち破り」に高い抵抗力を発揮します。 また、あまり知られていませんが、防犯ガラスは紫外線を大幅にカットする効果もあります。紫外線カット率は、なんと99%以上。色あせや変色対策のひとつとしてもお使い頂けます。 【防犯合わせガラス】 画像提供:日本板硝子(株) 防犯ガラスは鍵とセットで効果あり ガラスを破られにくくしても、施錠が甘ければ意味がありません。 そこで、窓の鍵にも色々な工夫がされています。 鍵を2つ設けるダブルロック(補助ロック)は、鍵を破る時間が2つ分になるため、5分以内の侵入を難しくします。ガラスが破られて手が入る穴があいても、2つの鍵の解除に手間取ることになります。 国民生活センターは、2005年の調査で、防犯ガラスを使用した窓は簡単に開けられることはなかったが、ロック付クレセントと補助錠を併用することが防犯性能を発揮する必須条件だったと公表しています。 防犯性能を高めるには、ガラス・鍵のどちらにも工夫することが必要。 後付できる補助錠なども売られているので、お手軽に取り入れることが出来ます。 【ダブルロック】 画像提供:(株)LIXIL 一戸建住宅は"かけたつもり"に注意! 空かけ防止機能は、鍵がかかっていないことがすぐわかる機能。 鍵の締め忘れをふせぎます。 戸建住宅では、締め忘れによる窓からの侵入が3割以上。 玄関や勝手口からの侵入を合わせると、ガラス破りよりも締め忘れの方が多くなっています。 "かけたつもり"を未然にふせぎましょう。 【空かけ防止機能】 画像提供:三協立山アルミ(株)

続きを見る

暮らしを守る窓

お手軽に窓の防犯対策

窓の防犯対策として、よく知られているのが「防犯フィルム」。 鍵まわりに貼るもの、全面に貼るものとありますが、全面に貼る方が、より防犯性能が高まります。  【防犯フィルムの一例】 画像提供:住友スリーエム(株) 防犯フィルムは厚みがあり、扱いが難しいため、全面に貼る際は専門の業者に依頼しましょう。図は、防犯フィルムの一例。特殊なフィルムが何層にも重ねられています。 窓に一定の衝撃が伝わると警報音を鳴らすアラームなども、お手軽に設置できます。こちらは、実際に警報を鳴らすというより、アラームが設置してあることを、どろぼうに知らせることが狙い。 人を検知して発光するライトなども、侵入前のどろぼうをひるませるための予防策として取り入れることができます。【お手ごろな防犯グッズ】 画像提供:三協立山アルミ(株) 侵入前にあきらめてもらうのが一番。予防策も効果的に取り入れてみましょう。

続きを見る

暮らしを守る窓

割れにくいガラス・割れても安全なガラス

割れにくいガラス・割れても安全なガラス 子どもがガラスを割ってしまったり、地震のときにガラスが割れてケガをしたり・・・。そうしたガラスの危険に備えて、割れにくいガラスや割れても安全なガラスが開発されています。 「割れにくい」ガラス 2枚のガラスを中間膜で圧着した「合わせガラス」。間の中間膜によって、ガラスが割れても破片が飛び散りません。天窓やガラス屋根など、高い場所にもお使い頂けます。さらに、中間膜により、紫外線を99%以上カット!窓辺の家具やカーテンの色あせや変色をふせぎ、人体への紫外線の影響も軽減してくれます。 【合わせガラスが割れたとき】 画像提供:日本板硝子(株) 「割れても安全」なガラス 学校などに使われることの多い、「強化ガラス」の強度は、同じ厚さの一般の板ガラスに比べ、3~5倍。万が一割れてしまっても、ガラスの破片は細かい粒状になるため、人を傷付けにくいのが特徴です。ただ、割れるときには全面が粉々になり、窓枠から飛び散ってしまうため、天窓などには向きません。飛散をふせぐためには、「強化ガラス」を「合わせガラス」にした「強化合わせガラス」にする、などの検討が必要です。 【強化ガラスが割れたとき】 画像提供:日本板硝子(株)

続きを見る

暮らしを守る窓

防犯性能の高い窓とは?

防犯性能の高い製品を選ぶ目安は、「CP」マーク。「防犯性能の高い建物部品」として基準を満たした、ドアや窓、鍵、シャッターなどが、登録されています。基準は、攻撃の開始から5分以上たっても人が通過できる状態にならないこと。さらに、製品の種類ごとに仕様の規定があります。 例えば、引き違いの窓の場合、①ロック付きの鍵であること ②鍵が2点以上あること ③戸に外れ止めがされていること ④ガラス面が大きい場合、防犯ガラスまたは防犯フィルムを使用すること などが条件になっています。 通常のドアや窓に、オプションとして防犯機能をプラスできるものもあるので、製品を選ぶ際にはよく検討してみましょう。

続きを見る

 


PAGE TOP

窓のコンシェルジュ「madoka」

madoka公式ページ