お電話は0120-306-300

窓で断熱性を高めよう

窓で断熱性を高めよう

窓は熱の出入り口

窓は熱の出入り口 窓から熱が出入りする割合は・・・?  夏、窓・ドアから入ってくる熱は、家全体の約70%。冬、窓・ドアから出て行く熱は、家全体の約50%。高性能のエアコンを取りつけて部屋を快適にしようとしても、快適な室温は窓からどんどん失われていきます。  そこで、注目されているのが窓リフォーム。窓からの熱の出入りをおさえることで、冬はあたたかく夏は涼しい住宅に。エアコンの効果も高まり、冷暖房費とCO2排出量、どちらも削減することができます。  天井や床・壁のリフォームは、工事範囲も広く、大掛かりなものになります。  お手軽に工事ができるのも、窓リフォームのうれしいところです。 データは、平成4年当時の住宅モデル。(樹脂サッシ普及促進委員会)

続きを見る

窓で断熱性を高めよう

窓断熱のポイント

窓断熱のポイント  「断熱」とは、熱の伝わりをふせぐこと。家の断熱性を高めると、夏は外の熱気を伝わりにくく、冬は室内のあたかかい空気を逃がしにくくしてくれます。エアコン効率も高まり、結露防止にも効果があります。  住宅の断熱性能を高めるには、家の中で一番熱の出入りが多い窓やドアの断熱性能を上げることが重要です。窓の断熱性能を高めるにはどうしたらよいのでしょうか? 二重窓で断熱  今ある窓の内側に取りつける「内窓」。今ある窓と内窓の間に空気の層ができ、熱を伝わりにくくしてくれます。内窓の隙間となる部分には、気密材が取りつけられていてすきま風の侵入や熱の出入りをふせぎます。 多くの内窓は、窓枠が樹脂製*。樹脂はアルミより1000倍も熱を伝えにくいため、内窓は窓全体の断熱性能も高いと言えます。 ★窓のお店がオススメする内窓はコチラ *「樹脂」とは、「塩化ビニル樹脂」(塩ビ)のこと。 プラスチックの一種ですが、原料の6割は塩でできており、リサイクルも可能な素材です。※画像提供 樹脂サッシ普及促進会  高断熱ガラスを選ぶ  窓のほとんどの面積を占める窓ガラス。断熱性能の高いガラスを選ぶことで、熱の出入りを軽減することができます。断熱性能の高いガラスはすべて複層構造!2枚のガラスの間の空気層が熱の伝わりをおさえます。  「エコガラス」と呼ばれる「Low-E複層ガラス」。複層ガラスの内側の特殊な金属膜が、太陽熱を室外に反射させたり、暖房熱を室内側に反射させたりします。 空気層の断熱効果と、金属膜の反射効果で、Low-E複層ガラスは1枚ガラスの3~4倍もの断熱性能を持っています。  Low-E複層ガラスよりも、さらに断熱性能が高いガラス。それが、Low-E膜を使用した「真空ガラス」です。2枚のガラスの間が真空層になっており、熱をほとんど伝えません。 複層ガラスは、12ミリや18ミリの厚さがありますが、真空ガラスは厚さ6.2ミリの薄型設計。今ある1枚ガラスの窓枠はそのままに、網戸やクレセントに引っかかることなく、ガラスだけを交換できます。 ★真空ガラス「スペーシア」の効果についてはコチラ 断熱性能の基準は"熱貫流率"  壁や窓などで、両側の気温が異なるとき、暖かい側から冷たい側へ、熱が壁や窓などを通過します。この熱が伝わる度合いを表したものが「熱貫流率」です。数値が小さいほど、熱を通しにくく、断熱性に優れています。 窓の内側と外側の温度差が1℃あったときに、1時間に窓の面積1㎡を通過する熱量をワットで表しています。単位は、「W/㎡・K(ワット・パー・ヘイベイ・ケルビン)」です。 ガラスの断熱性能表を見てみましょう。3ミリの1枚ガラスの熱貫流率は、6W/㎡・K。空気層12ミリの複層ガラスは、2.9W/㎡・K。複層ガラスの方が、約2倍、断熱性能が高いことがわかります。真空ガラスの熱貫流率は、1.4W/㎡・K。なんと1枚ガラスの約4倍もの断熱性能があるのです。 出典 日本板硝子(株) 技術資料 ただし、ガラスの性能はガラス単体のもの。実際は、ガラスが入る窓枠の性能に大きく左右されます。今ある窓枠のゆがみが大きいようですと、ガラスだけの交換では、効果は期待できません。 窓のリフォームをされる際は、まず、窓の専門店にご自宅の窓を見てもらいましょう。それぞれの窓に合ったリフォームの方法が相談できます。 関連ページ 初めての窓リフォーム 窓の専門店を探す

続きを見る

窓で断熱性を高めよう

結露の原因はなに?窓からできる対策を教えます!

結露の原因はなに?窓からできる対策を教えます! 結露とは 冬場に窓ガラスが曇ったり、水滴がついたり、また冷たい飲み物の入ったグラスに水滴がつくのも結露です。 空気中に含むことのできる水蒸気の量には限界値があり、温度が高い程多く水分を含む事ができ、温度が低いと少なくなります。湿度というのは、その限界量に対する実際の水分量です(%で表示)。 窓が結露するのは、ガラスから伝わってくる外の寒さで冷やされた空気が、空気中の水分量の限界値を越えて水滴化している状態です。 結露の発生条件とは 右の図は、温度と空気中に含むことのできる水蒸気の量の関係を表したグラフです。このグラフで、室内温度の変化による相対湿度(一般的に言われる湿度のこと)への影響や、温度と湿度から空気の露点(結露が始まる温度)を知ることができます。 (グラフの見方の例) A:室内温度の変化による湿度への影響を求める場合[例]A線 室内温度20度、相対湿度60%の密閉された部屋(グラフの20度の縦線と湿度60%を示す曲線の交わった点)が、夜間に室内温度が15度に低下すると(先ほどの交点を水平に15度の位置まで移動させると)、湿度は82%に上昇することが判ります。水蒸気の量は一定でも、温度が低下すると湿度が上昇するわけですね。 B:温度と湿度から空気の露点を求める場合 [例]B線 グラフの20度の縦線と湿度60%を示す曲線の交わった点を水平に左に移動させ、湿度100%の曲線とぶつかった位置の温度を読むと12度となります。これで、20度、湿度60%の空気の露点(結露の始まる温度)は12度だと判ります。12度より冷たい窓ガラスなどに触れたりすると結露するわけですね。 (出典:日本板硝子) 窓を変えて結露を防ぐ 空気の層をもった「複層ガラス」で結露を防ぐ 窓ガラスの結露は、お部屋の水蒸気が冷たい窓ガラスに冷やされることで生まれます。室内の湿気と冷たい窓が、結露の大きな原因です。 寒さを伝わりにくくするのに、空気の層はとても役に立ちます。窓ガラスも2枚ガラス(複層ガラス)にして間に空気の層を作ると、1枚ガラスの2倍も寒さを伝えにくくなります。さらに、より気温を伝わりにくくする特殊な複層ガラスや2枚のガラスの間を真空にした、真空ガラスも開発されています。 ★真空ガラスについてはコチラ 「内窓」を取り付けて結露を防ぐ 空気の層を作るもう一つの方法は、窓を2重にする「内窓」の設置。今ある窓の内側に、もう1つ窓を取り付けて窓と窓の間に空気の層を作ります。多くの内窓は、窓枠が樹脂製*なので寒さ・暑さを伝えにくく、アルミの窓枠と比べて、窓枠も結露しにくいのが特徴です。 ★内窓についてはコチラ 下記ページも参考にしてみてください ●窓のリフォーム方法について ●ガラス屋さんが選ぶ『結露対策商品ランキング2013』 ●結露を防ぐには他にもこんな方法があります ■窓リフォームの専門店はこちらから探すことができます!  お店の検索はコチラから↓↓

続きを見る

窓で断熱性を高めよう

カーテンやスクリーンは日差し対策に

窓の断熱効果を高めるのは、窓本体だけではありません。 カーテンや日よけスクリーンなど、窓まわりを工夫することで熱の出入りをおさえることができます。 カーテンのヒダは、空気の層を生み出すことで熱の出入りを抑えるのに役立っています。また、できるだけ広い部分をカーテンでおおうことで、より効果を高められます。 太陽の光をやわらげる日よけスクリーンも、近年では高機能のものが登場しています。 左の図は、熱の出入りを防ぐ「断熱スクリーン」。スクリーンの断面をこのような空気層にすることで、熱の出入りを防ぎ、室温を快適に保ちます。 紫外線カット率も90~99%と非常に高いため、夏の日差し対策に効果的です。   【断熱スクリーンの断面】画像提供:セイキグループ ただし、実は、このようなカーテンやスクリーンは結露の原因の一つ。室内の熱は逃がしませんが、湿気は通してしまいます。 窓ガラスとカーテンの間が、気温は低く、湿度は高い、結露が発生しやすい空間になってしまうのです。そのため、カーテンや高断熱スクリーンは、冬場よりも夏場の日差し対策としての取り入れ方がおすすめです。

続きを見る

 


PAGE TOP

窓のコンシェルジュ「madoka」

madoka公式ページ