お電話は0120-306-300

取材・調査

取材・調査

オススメ断熱窓の紹介

オススメ断熱窓の紹介 みなさんは、ご自分の住宅の窓に注目したことがありますか? 当たり前にある「窓」ですが、海外と日本の窓に性能の違いがある、と聞くと驚くかもしれません。そして、先進国である日本の窓が実は海外と比較すると遅れている・・・としたら、皆さんはもっと驚きませんか。海外では当たり前になっている「断熱窓」。それに追随し、日本でも注目されるようになってきた「断熱窓」を、日本の窓メーカー3社の商品の中からピックアップしてご紹介いたします。 目次 断熱窓の必要性(日本の現状と海外の比較) 三協立山(株) ALGEO (株)LIXIL ERSTER X YKK AP(株) APW430 オススメページのご紹介 断熱窓の必要性(日本の現状と海外の比較) 住宅の窓には「断熱」が必須! 住宅の中で、窓は熱の出入りが最も多く、寒さ・暑さに弱い箇所といえます。そんな窓をしっかりとした「断熱性のある窓」にすることで、住宅の暑さや寒さを軽減してくれる役目を果たします。 ●詳しく>> 窓は熱の出入り口 そんな暑さ・寒さに弱い窓は、「アルミサッシ+一枚ガラス」の窓などで、日本では多くの住宅の窓が、これらの断熱性の低い窓になります。窓のコンシェルジュmadokaでは、こういった断熱性能の低い窓をなくすため窓の断熱リフォームを推進しています。 ●詳しく>> 「プロが教える」初めての窓リフォーム 窓のリフォームでは、窓を二重にする「内窓」や一枚ガラスを高性能な真空ガラスに交換する「ガラス交換」等を紹介していますが、最近の新築住宅では窓のサッシの素材から変え断熱性能を上げる方法も提案されています。日本の9割の住宅の窓は「アルミ製」の窓サッシですが、実は窓の高性能化が進んでいる海外ではアルミ製ではなく「樹脂製」の窓サッシが主流になっています。 「樹脂製」をイメージできるでしょうか。みなさんの生活の中にある身近なものの例で言うとフライパンです。フライパンは鉄製で火にかけるとすぐに食材に火が通りますが、持ち手の部分は熱くなりません。これは持ち手部分が樹脂製の素材で作られているので、熱が伝わりづらく、素手で取っ手を持つことができるのです。 「樹脂製の窓」に注目! そんな「樹脂製」でできた高断熱窓が世界で当たり前になっていますが、日本と比較すると、普及率にどのくらい差が出るのか気になりますよね。 日本の住宅の中で樹脂製の窓の家が全体の7%であるのに対し、例えばフランスでは69%の住宅で樹脂製の窓サッシが採用されています。その他は、イギリスで66%、ドイツで60%。アメリカは67%、お隣の韓国では80%の住宅で樹脂製の窓が普及しています。この情報から、日本の窓の断熱性能が、各国に比べ非常に遅れていることがよくわかります。また、日本の7%の数値も、北海道などの寒冷地での普及や一部特定業者の採用がほとんどで、全国的には普及できていないのが現状です。 高性能窓は安価な商品ではありませんが、採用することで、様々なメリットがあります。 例えば、家の劣化を抑え住宅の寿命を延ばすことができます。また、居住する人には健康推進や冷暖房費の削減にも繋がるメリットがあります。 ●詳しく>> 断熱住宅で健康に それでは、いよいよ窓メーカー各社のおすすめ商品をご紹介いたします。 三協立山 株式会社 ― ALGEO ― 三協立山 (株) 三協アルミでは、樹脂窓ではなく、アルミ樹脂複合窓である「ALGEO」(アルジオ)を紹介します。低炭素社会に貢献する断熱性能があり、熱貫流率は1.95W/㎡・K(引違い窓、複層ガラス、中空層16mm、アルゴンガス入りの場合)。 ワンランクアップした高耐久性能 ALGEOの特長は、従来品よりも1ランク上の「耐風圧性」と「水密性」です。これは、日本の近年の自然災害を意識し、台風の際の強風に耐えられ、豪雨の際に屋内への雨水の侵入を防ぐために開発されました。 耐風圧性とは…強風などによってサッシが変形したり、ガラスが破損することがないようどのくらいの風圧に耐えられるかを表しています。 水密性とは…雨プラス風の漏水安全グレードです。W-1~W-5まであり、数値が高いほど水密性が高くなります。 耐風圧性は、住宅用建材では最高グレードのS-4を取得。これは、最大瞬間風速57m/Sに耐えられ性能です。※風速50m/sとは、人が立っていられない樹木が根こそぎ倒れ始める状況です。そして、水密性は、最高グレードのW-5を取得。これは、1時間あたり240mmの降雨量に、風速35m/sの風が吹いても雨水が下枠からあふれない性能です。 耐風圧、水密性の強さを持ったALGEOならば、近年日本で頻繁に起こっている暴風雨、台風などの自然災害にも安心ですね。 住まう人に優しい思いやり性能 そして、もう一つの特長は使用者のために配慮された「フラットレール」を始めとする使いやすさです。窓には当たり前の窓のサッシ枠の段差。これがあるために、掃除が手間取ったり、お子様やご年配の方が窓をまたぐのが危険な場合があります。しかし、ALGEOは、その段差がない「フラットレール」を掃出し窓と窓タイプで用意しています。 お子様が素足で歩いても安心で、掃除もしやすい。使用者に寄り添った優しい設計です。その他にも、通常だと掃除がしづらいすべり出し窓や上げ下げ窓も開閉が工夫され、ガラスの拭き掃除がしやすくなっていることや、障子を下から上まで引手にすることで誰でもどこでも扉が開けやすい設計になっています。 ALGEOはガラスを自由に選ぶことが可能なので、日本板硝子の真空ガラススペーシア21(スペーシアにLow-Eガラスを組み合わせた複層真空ガラス)と組み合わせることでより高性能で、優しい窓にすることができます。 ◇◇三協立山(株) ALGEO 紹介チラシ◇◇ 株式会社 LIXIL ― ERSTER X ― 住まいと暮らしの総合住生活企業(株)LIXILの紹介する高性能樹脂窓は、「ERSTER X」(エルスターエックス)です。 ERSTER Xは、①ガラス面積の最大化②ガラス高性能化③フレーム高性能化の3つの技術コンセプトで窓の高性能化を実現しました。断熱性能を示す、熱貫流率は0.79W/㎡・K(縦すべり出し窓、トリプルガラス、クリプトンガス入り、内外Low-Eグリーンの場合。) 独自のトリプルガラスで、高性能と軽さを両立 通常のペアガラスよりも更に断熱性能が高いトリプルガラスには、ERSTER Xだけの特長があります。一般的に、トリプルガラスと言うと3ミリ同圧のガラスを重ねるのですが、ERSTER Xの場合は3ミリ・1.3ミリ・3ミリと、中間のガラスの厚みがとても薄くなっています。これのおかげで、性能はトリプルガラス、重量はペアガラスと同じレベルの軽さを実現しています。 シリーズ混在でも同一物件に採用可能 もう一つの特長は、デザインです。ERSTER S(エルスターエス)は、ERSTER Xのペアガラス仕様です。住宅によっては、この部屋はペアガラスに、向こうの部屋はトリプルガラスに…という細かい要望もあるかもしれません。そんな時にERSTERならSでもXでもデザイン(外観)が変わらないため、同一物件で混使用した際にも、外観の見え方が変わることなく、違和感なく統一できます。 ◇◇(株)LIXIL ERSTER X 紹介チラシ◇◇ YKK AP 株式会社 ― APW430 ― ネコのCMでおなじみのYKK AP(株)の商品からピックアップする高性能窓は「APW430」(エーピーダブル430)です。 高性能トリプルガラス樹脂窓APW430は、「高性能」「デザイン」「機能性」を併せ持った窓です。断熱性能を表す熱貫流率は0.91W/㎡・K(たてすべり出し窓+FIX連窓 ダブルLow-E アルゴンガス入りの場合)となっています。 2通りの開閉方法、「ツーアクション窓」 ご紹介したい特徴は、「ツーアクション窓」。これは、目的に応じて2通りの開き方ができる窓の種類です。 例えば、軽い雨の日や、窓を開けたまま換気がしたい方のための「内倒し」と室内側に大きく開く「内開き」の2パターンの開け方を選ぶことが来ます。 小さなお子様がいらっしゃる場合は「内倒し」、窓の拭き掃除をする場合は「内開き」等と、実際の生活をよく想像できます。 外の景色を最大限に楽しむため そして、もう一つの特長は大開口スライディング(横にスライドさせて開く窓)。日本では当たり前に普及している「引違い窓」と言われるスライディング系窓ですが、実は海外の住宅ではほとんど見ることができません。その理由として、このスライディング窓は、他の窓種と比べて断熱性能や気密性能で良い数値が出にくいため、高断熱窓ではスライディング窓はめずらしく、かつ開口面積が広い大開口スライディングはYKKAPのAPW430にしかありません。断熱性能と外観の楽しみを両立することができます。 リフォームで、樹脂窓にできる! そして、YKK APのAPW430は、樹脂窓でありながらリフォームで採用することができる窓です。現在の窓が、アルミサッシ+1枚ガラスの寒い窓であったとしても、YKK APの「かんたんマドリモ」という方法で、サッシは樹脂サッシ、ガラスはトリプルガラスの最新・高性能窓にすることができます。 施工事例>>  (株)ワイドアルミ 『かんたんマドリモ』でサッシをきれいに。 新築住宅への採用だけでなく、リフォームでも自信をもってご提案できる高性能窓です。 ◇◇YKK AP(株) APW430 紹介チラシ◇◇ 以上、窓メーカー3社の3商品の高性能窓を紹介させて頂きました。 新しくお家を建てる際や、リフォームの際にも是非一度ご検討下さい。 おすすめページのご紹介

続きを見る

取材・調査

断熱ガラスの比較実験!おすすめのガラスはこれだ!

断熱ガラスの比較実験!おすすめのガラスはこれだ! 赤外線サーモカメラは映し出される色の違いによって、温度差を視覚でわかりやすく認識することが出来ます。今回はサーモカメラでガラスの水槽を撮影し、リフォーム用ガラスの断熱性能の比較実験を行いました! ガラスの水槽! ガラスの水槽は、4面が異なったガラスからできています。1枚ガラス、ペアガラス、薄型断熱ガラス「クリアFit」、真空ガラス「スペーシア」の4種類です。水槽の中に氷を入れると、ガラスの断熱性能によって表面温度に差がでます。触っても違いを体感できますが、今回はサーモカメラで色の違いを見ていきましょう。 イメージとしては、氷が入った水槽の内側が冬場の屋外で、ガラスの表面が室内側だと考えて頂くとわかりやすいと思います。 ガラス交換には真空ガラスが断然おススメ! こちらの写真は左が一枚ガラス、右がスペーシアです。一枚ガラスが真っ青なのに対して、スペーシアは赤く写っていますね。一枚ガラスとスペーシアでは表面温度にかなり差があり、断熱性能が大きく違うことがわかります。 一枚ガラスの場合、冬場にこれだけの冷気を家の中に取り入れてしまっていることになります。窓辺が寒いのは、一枚ガラスのせいだったのですね。 真空ガラスは厚みが6.2㎜と薄型のため、今お使いの一枚ガラス用のサッシに入れ替えることができます。簡単なリフォームで、外の冷気をシャットアウトしてみてはいかがでしょうか。 アタッチメント付きペアガラスより薄型断熱ガラス! こちらの写真は、左がアタッチメント付ペアガラスで、右が薄型断熱ガラス「クリアFit」です。ペアガラスは全体的に青いのに対し、クリアFitの中心部は赤くなっています。 近年新築住宅で頻繁に使用されているペアガラスは、最も薄型でも厚みが空気層と合わせると12㎜になります。一枚ガラスの標準の厚みは5㎜ですので、大きな差ができてしまいます。 そのためリフォームの際はサッシごと交換するか、もしくはアタッチメントという専用の接続部品を取り付ける必要がありますが、アタッチメントを取り付けるとその影響で性能が落ちてしまいます。 それに比べクリアFitは真空ガラスと同じで2枚のガラスの間が真空層になっており、6.2㎜と薄型です。アタッチメントが不必要になり、ガラスの断熱性能を落とすことがなくなります。また真空層が高い断熱性能を発揮しますので、アタッチメント付ペアガラスよりも表面温度が高くなっています。 真空ガラスと薄型断熱ガラスの違いはなに? こちらの写真は左が薄型断熱ガラス「クリアFit」で、右が真空ガラス「スペーシア」です。双方とも2枚のガラスの間は0.2mmの真空層ですが、いったい違いはどこにあるのでしょうか。正解は、ガラスにLow-E金属膜がコーティングされているかどうかにあります。 スペーシアは、室外に面したガラスの真空層側にLow-E金属膜がコーティングされていますが、クリアFit はコーティングが何もないフロートガラスを使用しています。 Low-E金属膜は熱移動量を小さくする効果があるため、断熱性能をアップさせます。冬場ですと外の冷たい温度を室内に伝えにくくし、また室内で暖めた温度を逃がしにくくします。さらに夏場もエアコンで冷やした温度を逃がしにくくし、一年中快適に保つことができます。 だから、クリアFitよりもスペーシアがサーモカメラの写真でも赤く写っていたのですね。断熱性能を考えた時、Low-E金属膜はとても重要なポイントになります。 最後に… それぞれのガラスの表面温度の違いをサーモカメラで見ていきましたが、ガラスによって断熱性能に大きく違いがあることがわかりましたね。ガラス交換のリフォームには、真空ガラス「スペーシア」か薄型断熱ガラス「クリアFit」がおすすめです! 窓をしっかり断熱して、冬も夏も快適に過ごしてみてはいかがですか? 窓リフォームの専門店はこちらから探すことができます! ほかにもお役にたつリンクが満載!     補助金を活用してお得に窓リフォームしよう! 断熱住宅で健康に①生活環境を整える 断熱住宅で健康に②寒い家は危険! 断熱住宅で健康に③ヒートショック予防

続きを見る

取材・調査

真空ガラス実験動画

真空ガラス実験動画 断熱性能が抜群と言われている真空ガラス スペーシア。 その性能を証明すべく、今回実験を行いました!! 真空ガラス スペーシア VS 瞬間冷却スプレー 必見です! 実験内容 真空ガラススペーシアに瞬間冷却スプレーを裏面に20秒間噴射。 表面温度を測定し、温度変化を観察。 比較対象として、同様の実験を一枚ガラスでも行う。   動画 真空ガラス スペーシア VS 瞬間冷却スプレー 画像をクリックすると、動画が流れます。↓↓ はたしてスペーシアは瞬間冷却スプレーを噴射しても、 表面温度を一定に保つことができるのでしょうか?!   ぜひ、動画でスペーシアの性能の高さをご覧になってください!  

続きを見る

取材・調査

断熱窓メーカー3社座談会

断熱窓メーカー3社座談会 ZEHを始めとする住宅の高断熱化が進む中で、家の中で最も熱の出入りの激しい窓においても、高断熱製品の開発が進んでいます。 今回は、窓メーカー3社の営業担当者様、開発担当者様にお集まり頂き、お話を伺いました。 2列目左から:YKK AP(株) 営業本部 課長 金川様、開発本部 室長 宮川様、三協立山(株) 関東住宅建材支店 課長代理 吉川様、技術開発統括部 主事 三浦様、(株)LIXIL 埼玉支店 山岸様、LIXIL HOUSING TECHNOLOGY 主幹 小佐野様/1列目左から:マテックス(株) 村山、平泉 目次 一押しの高断熱窓は何ですか? トリプルガラスは、今後標準化していくのでしょうか? 高断熱窓の出荷目標を教えて下さい。 樹脂窓は劣化しないのでしょうか? 高断熱窓が高くて採用できない、という声に対してご意見をお聞かせください。 20年前から日本でも樹脂窓は発売されていたのに、なぜまだ多くがアルミ製なのでしょうか? 高断熱窓は今までの窓に比べて重いのですが、軽量化への取り組みはありますか? 重たい窓を開けやすくする工夫は、何かされていますか? ガラス交換などのアフターメンテナンスには配慮していますか? 高断熱窓の拡販戦略を教えてください。 開発担当の方ならではのお話を伺える貴重な座談会となりました。関東圏では、まだまだアルミサッシが主流ですが、2020年を目掛けて高断熱窓へ切り替えを検討して頂ければと思います。 各社オススメの高断熱窓はこちら YKK AP APW330 三協立山 アルジオ LIXIL サーモスL 高断熱窓へのリフォーム事例はこちら YKK AP エピソード+Low‐E複層ガラス YKK AP エピソード+真空ガラス YKK AP APW330 高断熱窓のお問い合わせはこちら 窓なんでも相談 窓のお店を探す   一押しの高断熱窓は何ですか? YKK AP 樹脂窓(*1)「APW330」の樹脂スペーサー(*2)仕様です。スペーサーも樹脂であることで、結露の軽減などに、より大きな効果を発揮します。 三協立山 アルミ樹脂窓(*3)の「アルジオ」です。断熱性能だけでなく、耐久性・水密性を強化した「タフネス」と、お客様の使い勝手に配慮した「カインドネス」をキーワードにしています。 LIXIL ハイブリッド窓「サーモスX」です。こちらは北海道から沖縄まで、どの地域にもおすすめです。首都圏であれば、新発売のハイブリッド窓「サーモスL」が一押しです。アルミサッシ「サーモスS」よりも性能は大幅に上がるなか、同じ定価でご提供できる戦略商品です。 *1 樹脂窓…サッシ(窓の枠部分)が全て樹脂製。断熱性能は、アルミ窓の2~3倍。 *2 スペーサー…複層ガラスにおいて、2枚のガラスの間を保つための部材。アルミ製と樹脂製がある。 *3 アルミ樹脂窓…LIXILでの呼称はハイブリッド窓。サッシがアルミと樹脂の複合。断熱性能は、アルミ窓の約1.5倍。   トリプルガラスは、今後標準化していくのでしょうか? YKK AP 全国で見ると標準化まではいかないと思います。日射熱取得とのバランスも考えなければなりません。Low-Eトリプルガラス(*4)になると、日射熱取得(*5)も抑えられてしまいます。 三協立山 弊社の樹脂窓の出荷数の中でペアガラスとトリプルガラスの割合は、8対2です。性能の差は、価格差と比べるとそこまで大きくないため、普及は限定的です。ただ、寒冷地の住宅や、感度の高いお客様向けには必要とされる製品です。 LIXIL ZEH(ネットゼロエネルギー住宅)(*6)においては、ペアガラスで十分数値がクリアできます。2020年までは、標準化はないでしょう。 *4 トリプルガラス…ガラスが3層になっている高断熱ガラス。右画像 参照。(YKK AP APW430) *5 日射熱取得…ガラスが太陽の日射をどのくらい通すかということ。日射熱取得が低いと、遮熱性能が高い。 *6 ZEH(ネットゼロエネルギー住宅)…使うエネルギーと創るエネルギーが等しくなる住宅。省エネ基準よりも断熱性能が高い。   高断熱窓の出荷目標を教えて下さい。 YKK AP 2020年までに、樹脂窓40%、アルミ樹脂窓40%を目標としています。 三協立山 2020年までに、樹脂窓12~13%、アルミ樹脂窓50%を目標に挙げています。2020年というのは、建材トップランナー基準を2022年に控えた中期的な目標値です。 LIXIL 同じく、2020年までに、樹脂窓、アルミ樹脂窓あわせて70%を目標としています。樹脂とアルミ樹脂は分けていません。2013年度の実績では、樹脂窓が6%、アルミ樹脂窓が30%でした。   樹脂窓は劣化しないのでしょうか? YKK AP こちらは、我が家で実際に使われていた樹脂窓の一部です。20年経っていますが、ほとんど劣化していないのが、おわかりいただけると思います。樹脂窓に使われているPVC(ポリ塩化ビニル、塩ビ)という素材は、土の中に埋められている水道管と同じです。洗濯バサミやポリバケツなどに使われているPP(ポリプロピレン)とは耐久性が違います。実際に赤道付近のアジア圏でも使用されています。また、弊社の製品では、表面にアクリル加工をしているので、紫外線による色落ちも防ぐことができます。 LIXIL 樹脂はアルミと比べて変色が5倍早いといわれていますが、発売して20年経った製品でも大きな変化は現れてはいません。ただ、今後の懸念として、紫外線による劣化が挙げられます。2016年夏の東京は、ヨーロッパではありえないほどの紫外線量を記録しています。パリやベルリンでは、最高でも指数7でしたが、東京では指数11を記録しました。ヨーロッパの樹脂窓メーカーでは、紫外線対策として樹脂をアルミで覆った製品も作られています。今後、日本でも対策が必要となるでしょう。   高断熱窓が高くて採用できない、という声に対してご意見をお聞かせください。 YKK AP まずは、普及率を上げることが先決だと考えています。また、お施主様には、長く住んでいく中での、光熱費削減や医療費削減といったランニングコストに目を向けていただき、結果的にお得である、ということをお伝えしたいです。金額に変えられない快適性にご満足頂いているという声も届いています。 三協立山 同じく、まずは流通量を増やしていけるか、が大切です。そのほかの視点ですと、たとえば、枠が組み上がった完成品では積載効率はあまり好ましくありません。そういった製造工程や流通の中で、将来的にコストダウンを考えていかなければならないですね。 LIXIL 現在、9種ある商品シリーズを数年で集約していくことで、生産的なコストダウンが可能です。東京オリンピック後、新築戸数が激減する中で、製品の原価だけでなく、工場の操業コストや物流コストも見直していく必要があります。ただ、YKKAP様と同じく、目先の建築コストだけでなく、4人家族で年間25,000円かかる光熱費がゼロになるというように、イニシャルコストで考えてほしいと思います。   20年前から日本でも樹脂窓は発売されていたのに、なぜまだ多くがアルミ製なのでしょうか? YKK AP 弊社の場合、グループ会社でアルミ合金のファスナーを開発した流れから、アルミ主体で進んでいったということもあります。 三協立山 窓の素材は、元々木で始まってスチールになり、アルミになっていきました。少し年配の方に樹脂窓の話をすると「プラッスチックでしょ?」と言われてしまいます。樹脂はプラスチックであり、安い工業製品であるというイメージも影響しているのではないかと思います。 LIXIL 20、30年前は樹脂を押し出す技術が今ほどはありませんでした。アルミが一番扱いやすく、加工しやすい素材でした。今のような複雑な造りができるようになったのは、最近のことです。 YKK AP 窓種の違いもあります。日本の窓は引違い窓が主流ですが、海外ではそうではありません。 三協立山 海外には引違い窓がほとんどないため、単純な翻訳だけでは、樹脂窓を作る技術を持ってこられなかったのかもしれません。   高断熱窓は今までの窓に比べて重いのですが、軽量化への取り組みはありますか? LIXIL トリプルガラスに関しては、真ん中のガラスを1.3ミリにすることで、従来よりも2割以上軽くすることができています。防火窓については、開発が進む中で部材を小さくしたり省いたりすることで軽量化が可能です。ただ、製品については構造上限界があるので、YKK AP様が既にやっているように、完成品で現場に届けるなどの配慮の方が、これからは必要だと思います。弊社でも荷揚げ用の機械などを工夫しています。 三協立山 やはり製品側でできることは限界があります。たとえば、使われているスチールの量を減らしたとしても100gほどの軽量化で、皆様が求めているような大幅な軽量化は難しいです。恐らく配送の工夫で対応していくことになるでしょう。 YKK AP 窓というのはガラスで重くなっているので、複層ガラスでトリプルガラス並みの性能が出せれば、軽量化できるだろうと思います。まだまだその技術は検討できていませんが。   重たい窓を開けやすくする工夫は、何かされていますか? YKK AP 初期稼働5㎏以内という数値が規定されています。開ける際に5㎏の力が必要ということです。 三協立山 5㎏というのは、実際には、かなり重たいです。 LIXIL 弊社の防火戸FGについては改良がなされており、大型把手をオプションで採用できます。また、後付けできるようにもなっています。 YKK AP 弊社では、大開口の窓には、開けやすくできるように、ハンドルのほか戸車も工夫しています。 三協立山 開閉力を上げるには安全性にも配慮する必要があります。商品の開発において「軽くすること」と「住まい手の安心」の両輪で商品的な価値を向上させていかなくてはならないと考えています。 LIXIL 弊社では、サービス付高齢者向け住宅の対応にも力を入れているため、センサー付の窓なども開発しています。   ガラス交換などのアフターメンテナンスには配慮していますか? YKK AP 樹脂窓「APW330」については、障子交換で対応しています。窓を「面」で考えているため、サッシ框(*7)は溶着されていて、ガラスのみの交換はできません。トリプルガラス入り樹脂窓「APW430」は、ガラスを押し縁(*8)で固定しているため、ガラスのみの交換ができます。 三協立山 樹脂窓については、同じく溶着しています。ガラスとサッシ框を流通店が組立できるノックダウン式は、製品シリーズでいうと一世代戻ることになります。アルミ樹脂窓の「アルジオ」は、ガラス交換できます。 LIXIL 弊社の樹脂窓は溶着方式ではないため、ガラス交換が可能です。ガラス無しの「半完成品」という指定で出荷することもできます。ただし、「サーモス」シリーズについては、旭硝子と共同開発しているため、アンカー式グレチャン付という、専用のガラスが必要になります。 *7 框…右画像参照。 *8 押し縁…右画像参照。   高断熱窓の拡販戦略を教えてください。 YKK AP 品川にオープンした体感ショールームを大いに活用して頂きたいです。建て主様に予算組み前の検討段階でご来場頂き、高断熱窓の良さを実感してもらえればと思います。また、弊社が主催するAPWフォーラムでの講演をまとめた書籍『あたらしい家づくりの教科書』が先日出版されました。新築を検討されている方におすすめの一冊です。 三協立山 高断熱窓が各社から販売されている現在、建築業者様は断熱性能については、ほとんど理解されています。弊社の「アルジオ」は、断熱性能の話はさらっとさせていただき、耐風圧や水密性など、断熱とは違う観点でPRしていきたいと思います。省エネ区分6、7地域である九州のビルダー様にも標準仕様で採用頂いている、という実績もあります。 LIXIL いい家づくりの中でいいサッシを、というように設計の最初の段階から、高断熱窓を検討していただきたいです。弊社では、設計をお手伝いする外皮計算サポートを無償で提供しています。遮熱性能を満たすためにシェードなどの遮蔽部材を提案できるところが優れています。 おすすめページ

続きを見る

取材・調査

窓リフォーム 実態調査②

窓リフォーム 実態調査② 第一回の調査では、窓まわりにお悩みを抱えている方が多くいるにも関わらず、 窓のリフォームで解決できることがまだまだ知られていないことが分かりました。 特に多かったのが結露のお悩み。 次に暑さ・寒さ・日射しの体感に関するお悩みを抱える方が多かったですね。 では、なにか対策はされているのでしょうか? ◆ Q6.ご自宅の窓まわり全般について、自分で行っている対策を教えてください。    ※複数回答可 ◆ Q7.■前問で「何かしらの対策を行った」とお答えの方にお伺いします■    その効果はありましたか。    ※複数の対策を行った方は、全体的な効果についてお答えください。 対策をした方の80%以上の方が大きな効果を実感できませんでした。 【Q6】で何にも対策をしていない方が66%いたことも踏まえますと、 窓まわりのお悩みへの適切な対策方法が分からない方が多いことが分かります。 ◆ Q10.窓をリフォームするとしたら、どんな窓にしたいですか。     最もあてはまるものをお答えください。 23%の方が結露しない窓が欲しいと答えました。 この質問でも結露は多くの人々を悩ませていることがうかがえます。 暑さ・寒さを感じないお部屋にしたい方も多いようです。 ◆ Q8.窓をリフォームするとしたら、    製品選びで重視するポイントについて教えてください。 製品選びにおいて53%の方が性能を重視すると答えました。 では、ガラス・サッシ製品はどれだけあり、それぞれどのような性能を持っているのでしょうか? こちらで製品のカタログを見ることができます↓↓ 窓カタログ 真空ガラス「スペーシア」の特集ページもございます↓↓ 特集 真空ガラスの魅力 浴室に真空ガラス その効果は・・・   ◆ Q9.窓をリフォームするとしたら、    業者選びで最も重視するポイントについて教えてください。 48%の方が価格の正当性を重視すると答えました。 【Q8】の回答を踏まえますと、製品・業者選びのいずれにおいても性能重視であることが分かります。 窓のお店を見つけたい方はコチラ↓↓ まとめ 窓まわりにお悩みを抱えている方が多くいるにも関わらず、 窓のリフォームで解決できることがまだまだ知られていないのが実態です。 窓のお悩みを抱える消費者の皆様だからこそ、 製品選び・業者選びのいずれにおいても性能>価格の考え方が多く見られました。 価格の価値を性能と合わせて伝えることで消費者の皆様に適正な価格と判断していただくことができます。 お悩み解消に適切な製品の提案と窓リフォームの費用をわかりやすく伝えることが ポイントだとわかります。 これからも消費者の皆様のお悩みがひとつでも多く解決できるようお手伝いをしていきたいと思います! 窓リフォーム 実態調査①

続きを見る

取材・調査

窓リフォーム 実態調査①

窓リフォーム 実態調査① 窓のコンシェルジュmadokaでは、消費者の皆さまへ 窓のリフォームに関するアンケート調査を実施いたしました! 今回は消費者の皆さまの窓リフォーム認知度や ご自宅のガラスとサッシの種類の組合せ、窓のお悩みなど、 普段あまり集めることのできない興味深いデータを 集めることが出来ました。 結果を2回に分けてお伝えします! アンケート実施期間:平成28年8月 対象者:20代~70代男女 600名 首都圏のマンション・戸建(賃貸・持家問わず)にお住まいの方 アンケート回答者の年代・性別の内訳 ◆ Q1.窓のリフォームができることを知っていますか? まず、窓のリフォームについての認知度を年代別に集計しました。 20代の約65%が窓のリフォームができることを知りませんでした。 反対に70代の半分の方が知っていると答え、全年齢の中で窓の リフォームを経験した方の割合も高くなっています。 皆様は窓のリフォームができることをご存知でしたでしょうか? 窓のリフォームについて詳しく知りたい方はコチラ↓↓ 初めての窓リフォーム   ◆ Q2.ご自宅のリビングの窓について、ガラスの種類を教えてください。(いくつでも) お家のリビングの窓のガラスの種類については1枚ガラスの方が 55%と半数を超えていました。 窓のリフォームを知らない方が半数以上となった【Q1】の結果と 合わせてみても、窓リフォームの認知度が低いことが分かります。 ◆ Q3.ご自宅のリビングの窓について、サッシの種類を教えてください。 次に、リビングの窓について、サッシの種類の調査結果です。 金属(アルミ)サッシが入っているお宅が最も多くありました。 また、サッシとガラスの組み合わせにおいては、 金属(アルミ)サッシ+1枚ガラスが最も多く、「わからない」と 答えた方がどのガラス種類でも多くみられ、ガラスよりサッシへの 意識が低いことが分かります。 ◆ Q4.ご自宅のリビングの窓について、教えてください。(いくつでも) 窓まわりのお悩みについては、最も結露についてのお悩みが多く、 暑さや寒さや日差しなど、体感に関するものが多くお悩みとして 挙げられています。 まとめ アンケート結果からわかるように、窓まわりにお悩みを抱えている方が 多くいるにも関わらず、窓のリフォームで解決できることがまだまだ 知られていないのが実態のようです。 一人でも多くの方に窓のリフォームを知ってもらい、快適な生活を 送って頂けるよう、お手伝いをしていきたいと思います! 次回は、消費者の皆様が窓リフォームでの製品選びや業者選びで 重視するポイントなど、消費者のニーズの実態についての結果を お伝えします!

続きを見る

取材・調査

窓専門店が選ぶ『夏の暑さ対策ランキング』

窓専門店が選ぶ『夏の暑さ対策ランキング』 「断熱」や「結露対策」といった効果のキーワードから、 冬に注目されやすい窓リフォーム。 しかし、夏には夏のおすすめ窓リフォームがあることをご存知ですか? 例えば、暑い日差しを遮ったり、涼しい風を通したりなど窓の専門店が、プロの目線で選んだ夏対策商品をランキング形式でご紹介。 暑い夏を、夏対策の窓リフォームで快適に過ごしましょう。 気になる商品や窓専門店がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。 アンケート実施期間:平成28年7月 回答者:madoka登録 窓の専門店 対象項目:遮熱ガラス、シェード(日よけ)、ブラインド網戸、     ロールスクリーン、採風玄関ドア、カーテン、すだれ、その他 第1位「遮熱ガラス」 堂々の第1位は、「遮熱ガラス」です! 太陽の日射熱をカットして、暑い夏も過ごしやすくしてくれます。冷房の効果もアップして、節電にも貢献してくれるのが魅力的ですね。紫外線もカットしてくれるので、家具やカーペットの色褪せも抑えることができます。 ◆窓専門店の声◆ K店「自宅に施工済みで、効果を実感しています。西日があたってもOK!」 S店「遮熱効果が大きいです!」 K店「暑さよりも西日のリクエストに使用しています」 豆知識 遮熱ガラスは夏の暑い日差しをカットしてくれますが、冬はあたたかな日差しも遮断してしまいます。1年間の冷房・暖房の使用量では暖房の方が多いため、冬場の断熱を重視することが一番省エネになります。そのため、夏の暑さ対策としては西日の強い窓には遮熱ガラス、その他の窓は断熱ガラスと使い分けるのがオススメです。 暑さ対策によるガラス交換の施工事例はこちら   第2位「採風玄関ドア」 閉じたまま風を採り込む「採風玄関ドア」が第2位! 玄関が風の通り道になることで、家の中に快適さを呼び込みます。自然な風を採りこんで、玄関にこもりがちな熱や湿気、気になるニオイを放出させてくれるのが嬉しいですね。鍵を閉めたまま採風できるので、防犯性にも配慮しています。 ◆窓専門店の声◆ M店「エアコンだけに頼らず自然の風を取り入れることができます!」 S店「耐久性・防犯性に優れていると思います」 I店「おしゃれで機能性が高いです!」 豆知識 夏に心配なのが熱中症。毎年多くの方が救急搬送されていますが、実は熱中症の発生場所は室内が第1位であることがわかっています。その原因の一つは湿度です。湿度が高いと体の熱は外に出にくくなってしまい、熱中症につながります。網戸や採風ドアを活用した適度な換気が対策になります。 熱中症について、詳しくはこちら   第3位「シェード」 手軽に眩しい日差しを遮ることができる「シェード」が第3位! 比較的安価なこともあり、窓専門店がオススメしやすい商品の様です。熱の大部分を窓の外側でシャットアウトできるで、室内の温度上昇をしっかり抑えられます。 ◆窓専門店の声◆ O店「利便性が高く、手軽に眩しさを回避することができます!」 I店「手軽で、リーズナブル。多様な場所に設置可能なところもオススメ」 S店「比較的安価で、お客様も手が出しやすいと思います」 豆知識 室内のカーテンやブラインドで日差しを防ぐ方も多いかと思います。しかし、室内側での日差し対策では、部屋の中に熱がこもってしまいます。窓の外側で日差しを遮ることで、約80%の熱をカットすることができるといわれています。そのため、すだれやグリーンカーテンも日差し対策に効果的です。 シェードについて、詳しくはこちら   番外編「後付網戸で手軽に採風玄関に」 現状の玄関ドアや勝手口ドアが、採風タイプでない場合でも、網戸を取り付けるリフォームでお手軽に採風ドアに変更できてしまいます。採風タイプの玄関ドアは防犯や断熱の面でも効果を発揮しますが、まずはお手軽にリーズナブルに採風したいというお客様にはおすすめです。 主なサッシメーカーの商品紹介 *LIXIL しまえるんですα *YKKAP 横引きロール網戸 *三協アルミ アコーディオン網戸   番外編「自然派&DIY派には・・すだれ」 ホームセンターなど近所のお店で自分で購入、設置が出来、かつ自然な暑さ対策になるすだれは見た目も夏らしく、値段もお手頃なのが魅力です。しかし、設置が簡単な分、しっかりと固定もしづらいため、強い風が吹いたときなどは注意が必要です。窓のサイズによっても、対応できる場合とできない場合があるので、より安全で効果的な日よけ対策をしたい場合は外付けシェードが安心です。 『窓専門店が選ぶ夏対策ランキング』いかがでしたか。 気になった商品がありましたら、ぜひ安心のmadoka登録店へご相談ください。 2016年6月15日~2016年9月30日まで、madoka夏のリフォームキャンペーンも実施しています。 初めての窓リフォーム 窓の専門店を探す 夏のリフォームキャンペーン 窓リフォーム施工事例を探す  

続きを見る

取材・調査

学校の窓~窓リフォームのススメ~

学校の窓~窓リフォームのススメ~ 8月に入り、学生の皆さんが楽しみにしている夏休みがスタートしました。約1ヶ月前後の夏休みですが、実はこの期間を利用して、改修・修繕工事を行う学校や教育機関はとても多いのです。今回は、そんな夏休みシーズンにお勧めの「学校の窓リフォーム」をmadokaからご提案させて頂きます。「窓のリフォーム」と言っても様々な種類の窓やガラスがあり、どんな種類の窓に替えるかで、その周りの生活環境への効果も変わるんですよ。 今回は、実際に現場で働いている「学校の先生」にご協力いただきアンケート調査を実施しました。その回答からmadoka事務局がおすすめする、それぞれの効果を狙った、3パターンの窓リフォームをご提案させて頂きます。 ※3パターンの窓リフォーム資料は、印刷してご活用いただけます。 学校の先生にアンケート 今回は、合計36名の教員の方にご協力いただき、「学校の窓」に関する不満・要望を調査するアンケートを実施致しました。 質問内容はこちら。 【質問1】 学校の教室で該当する「窓」の不満・不安にチェックをお願いします。 (複数回答可) □夏暑い(日差しが暑い・冷房が効きにくい) □冬寒い(窓際がヒヤッとする・暖房が効きにくい) □網戸が無いので、換気をすると虫が入ってきてしまう。 □窓ガラスが割れたり、それで生徒が怪我をしないか心配。 □外から教室が丸見え。 □外の音(例えば、選挙カーや工事の音等)がうるさく、授業に集中できない。 □その他(ご自由にご記入ください) 【質問2】 こんな窓があったら、学校に入れてほしいと思うものにチェックをお願いします。 (複数回答可) □魔法瓶のような冷房・暖房がよく効く窓。 □太陽の日差しをカットしてくれる窓 □UVカットをしてくれる窓 □網戸がついていて、安全に換気が出来る窓 □ボールが当たっても、割れにくい窓 □割れてもガラスの破片が危険じゃない窓 □外から内側が見えにくい窓 □外からの騒音を室内に入れにくい窓 □その他、こんな窓があったら欲しい! これらのアンケートを回収した結果がこちらです。 ★PDFで確認→学校改修~窓リフォームのススメ~先生アンケート結果 エアコン設置は当たり前ではない!? 資料のグラフを確認すると・・・、最も多かった窓の不満は「安全に換気が出来ない」。そして、【質問1】と比例するように【質問2】で求めている窓も「安全に換気が出来る窓」でした。今回ご回答頂いた先生の働く学校の多くが、エアコンが未設置という環境でした。その影響からか、断熱(夏は冷房効率が上がり、冬は寒い冷気を中に入れない)仕様よりも、換気仕様の要望が多かったのかもしれません。 小中学校の普通教室のエアコン設置率を見てみると、東京都の99.9%に対し、お隣の千葉県は24.3%。同じ関東圏でもここまで数値に差があるんですね。年々夏は暑くなっていますし、どの教育施設にも冷暖房が適度に設置されるようになっていくと良いですね。全国の学校のエアコン設置状況は、文部科学省が発表しております。ぜひ、ご自身のお住まいの地域をご確認下さい。 ★クリックして、PDFを確認→全国学校冷房設置状況 3パターン窓リフォーム提案 「換気」以外の項目を見ると、「断熱」も意識が高いようです。そして、やはり子供の安全が第一ということで「割れにくい/割れても安全な窓ガラス」に注目が集まりました。 今回は、「断熱」「換気」「安全」この3つをテーマに学校向けの窓リフォーム資料をmadoka事務局で作成致しました。窓の専門店にこのチラシを持っていきお願いするのも良いですし、皆さんの中で学校にお勤めの方がいらっしゃったら、ぜひ紹介してみてください。 ★資料はそれぞれ、A4サイズで作成しております。ぜひご活用ください。 提案1.【断熱窓リフォーム】 夏は涼しく、冬は暖かく。エアコンに頼り過ぎない生活を! ★PDF印刷データはこちら↓ 【断熱編】学校改修~窓リフォームのススメ~ 真空ガラススペーシアについては、こちらをクリック 提案2.【換気窓リフォーム】 機能網戸の設置で、虫から生徒を守りながら換気を。 ★PDF印刷データはこちら↓ 【換気編】学校改修~窓リフォームのススメ~ 住宅向け、換気できる窓へのリフォーム事例はこちらをクリック 提案3.【安全窓リフォーム】 ボールが当たっても、簡単には割れない!割れても危なくない。 ★PDF印刷データはこちら↓ 【安全編】学校改修~窓リフォームのススメ~   子どもにとって優しい窓はみんなに優しい窓! 学校の窓を窓リフォームすることで、学生も先生もそして地域の方々にも良い影響を与えてくれそうですね。ぜひ、こちらの紹介資料をご活用ください。 今回資料は作成していませんが、その他の不満や要望では、「子どもでも開けやすい窓」や「高い所でも楽に開けられる窓」、「カギを掛けたことがすぐにわかる窓」といった、毎日子どもと生活をしている学校の先生ならではの貴重なご意見を頂くことができました。 子どもが扱いやすく、子どもにとって安全で健康にも良い窓は、もちろん大人やご年配の方にとっても同じです。 「窓のリフォーム」を「学校」という切り口から見たとき、改めて気づく窓の重要性・窓リフォームのメリットがありました。 学校以外でも、公共の施設・商業施設、もちろん住宅でも、これらの応用ができるのではないでしょうか。 窓のお店を探してみましょう。 窓のリフォームに興味を持ちましたら、 madoka事務局が自信を持って推薦する窓の専門店にぜひお問い合わせ下さい。  

続きを見る

取材・調査

中学校の窓を真空ガラスへ!徹底取材!

中学校の窓を真空ガラスへ!徹底取材! 朝・夕もすっかり肌寒くなり、いよいよ冬の到来を感じさせますね。冬といえば、窓リフォームの季節!まだまだ、寒い一枚ガラスのお家に住んでいるあなた!今こそ、窓リフォームのタイミングです! 90%の住宅が無断熱の一枚ガラス! 総務省統計局による、「平成25年住宅・土地統計調査」によると、一都三県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)の住宅総数は1572万戸。そのうち9割は全て又は一部が一枚ガラスの窓で、窓の断熱リフォームが必要と分かりました。 冬こそ!窓リフォームで快適に! 一枚ガラスの窓を断熱窓に替えるための最適リフォームとは?何と言っても、真空ガラススペーシア! そして、今回登場するのは「スペーシア探し隊!」 高性能断熱ガラスの「真空ガラススペーシア」。その効果を実証できるような、スペーシアが施工されている建物・施設を探して、皆さんにご紹介するその名も「スペーシア探し隊!」 記念すべき第一回は・・・ 中学校に真空ガラス スペーシア 中学校が、真空ガラス「スペーシア」に交換! 埼玉県のとある公立中学校の窓ガラスに真空ガラス「スペーシア」が採用されました。この中学校は築40数年の建物です。昨年2013年8月の夏休み期間中に工事が完了しました。全普通教室の南面の窓ガラスがスペーシアに交換されました。保健室・職員室・会議室とその他の特別教室の窓ガラスも改修されました。音楽室は、放課後も部活でよく使用するため、優先して改修されました。 「スペーシア」へ改修することになった理由 エコが町で推進されているため、一番の目的はエコを推進していくことでした。また、教育委員のTさんが勉強熱心な方で、窓ガラスを取り替えるのならこういったガラスがあるよ、と持って来てくれたのが「スペーシア」でした。 スペーシア採用の決断の決め手 金額、コストと工期が決め手でした。限られた予算の中でたくさんの窓を替えたい、また、夏休み中に早く工事を終えたいと考えていました。サッシ交換と比べ、低コスト・短期間で改修できる「スペーシア」へのガラス交換工事を採用しました。国から補助金が下りた、というのも大きな理由の一つでした。補助金が下りる関係で太陽光パネルを設置し、一緒に窓ガラスも性能がよいものにしよう、という流れになり窓の改修工事につながりました。 真空ガラス「スペーシア」へ改修した効果 この中学校はコンクリート造のため、熱を蓄えてしまいます。職員室で朝早く来る職員は皆、むっとする暑さを感じていました。しかし、ガラスをスペーシアに交換してからは、朝早く来る職員はむっとする暑さが無くなったと実感することができています。 また、生徒たちは、ガラスが改修前に入っていた普通のガラスと比べて特殊なことをしっかりと理解して、丁寧に扱うようになりました。結果として、生徒たちの窓を大切に扱おう、という意識が今まで以上に強くなりました。 冬は加湿器とエアコンを使っていますが、木質化してからは窓ガラスに結露しなくなりました! 窓ガラスを真空ガラス「スペーシア」にすることで、外の気温が入らなくなり、結露軽減にさらなる効果が! また、木質化によって雨の日も廊下が滑りにくくなり、転んでけがをする生徒がほとんどいなくなりました!廊下がコンクリートの時は、雨季になったりすると濡れてすべってしまい、頭を打って救急車で運ばれた、といった事故が起きていました。しかし、木質化してからは、木が水分を吸収してくれるのでそういった事故やけがが一切なくなりました! 太陽光パネル設置で発電→売電! この中学校では、太陽光パネルも設置されています。入口のすぐ横には、発電量が「見える化」されています!とってもエコな学校ですね。         今後も、木質化・太陽光パネル設置に加え、窓ガラスを真空ガラス「スペーシア」にしたことで、省エネ・節電効果が上がりますますエコな学校になることを期待します。                                   そして、お待たせしました!好評のキャンペーンが帰ってきます。  

続きを見る

取材・調査

ビル用内窓「Biew」!お得な制度も。

ビル用内窓「Biew」!お得な制度も。 2013年秋、YKK AP株式会社からビル用内窓「Biew(ビュー)」が誕生しました。内窓としては珍しくアルミ製で開発されたこちらの製品をご紹介します。   内窓ってなに? そもそも「内窓」をご存知でしょうか?内窓とは今ある窓の内側に新たに取り付けた窓のことを言います。今ある窓と新しく取り付けた窓の間に空気層が生まれることで、断熱と遮音効果が高まり快適な生活が送れるようになります。 へえ~内窓って熱と音を遮ってくれるんだ。でも内窓って住宅用じゃないの? ビルってどんな建物? ビルに内窓?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。実はビルの窓にも内窓を取り付けられるんです。ここでいう「ビル」とは、「人が生活(食事や睡眠をとること)以外で使用する建物」を指します。例えば、オフィスビルや商業ビル、病院、工場等です。窓の省エネ化は住宅以外の建物でも行えるんですね。 Biewって? Biewはビルに合った意匠を意識したデザインになっています。樹脂サッシでは製作できないスリムなサッシになっており、障子が合わさる部分にある、召し合わせかまちの幅はなんと20mmです。そのため、大きいガラスの利点である「眺望の良さ」を壊さずに内窓を取り付けることができます。 20mm?五円玉と同じくらい!細いですね!! また、先ほども説明した通り遮音効果が高まるので、ビル内にいる人たちが騒音で悩まされることが減ります。ビルは幹線道路の近くや人が多い所に建っていることが多いため、騒音が軽減されると快適に活動できるようになります。 オフィスビルだけじゃなく、病院など静かな空間を保ちたい所にいいですね。 断熱できるの? サッシは樹脂製が良いと聞いたことがありますが、「Biew」はアルミ製ですよね? アルミサッシで断熱できるの?と疑問に思いますよね。既存窓とBiewの断熱性能について比べてみました。               ※熱貫流率は値が低い方が断熱性能が高い 内窓を付けただけで性能が良くなるんですね。でも、樹脂の方がいい性能だと思うんですが。Biewがアルミ製なのはどうしてですか? 答えはズバリビル用だからです。 ビルは住宅と異なり人が一日中いることは少なく、特に夜の結露が発生しやすい時間に人がいることが少ないので 結露を主に心配しなくてもいいのです。また、ビルの空調管理は主に機械が行うため窓の開閉によって調整する機会はほとんどありません。内窓をつけても開閉を手間に感じることはないでしょう。 Solar-Eって? 表にある「Solar-E(ソーラーイー)」ってどんなガラスですか? 「Solar-E」とは、日本板硝子が販売しております、遮熱性能が高い金属膜を貼った一枚ガラスです。Biewに採用していただくと、より省エネ効果を高められます。 住宅と同様にビルの窓も熱が逃げやすい場所に変わりありません。窓の性能を上げれば空調の効きがよくなり省エネにつながります。  省エネ化は進んでるの? 壁や排水管の修繕工事を行ったビルはありますが、残念ながら窓の改修工事を行ったビルはほとんどありません。現在「Biew」は、オフィスビルのプレゼンテーション室や大学の講義室等に採用されています。 そうなんだ。多くのビルに取り付けてほしいけど、窓の改修工事って大変そう。 内窓はどう付けるの? 窓を取り外すなど大がかりな工事は必要ないので、ビルを使用しながらの工事が可能です。詳しい施工の様子はこちらこご覧下さい。 施工の様子 今後の普及 経済産業省の『生産性向上設備投資促進税制』を活用すれば、お得に改修工事を行うことができます。「Biew」はfor Building, inner eco Windowの略としてつけられました。まさにビル用の内窓なのです。 日本にはビルと呼ばれる建物は多いです。だから、住宅だけが省エネ化しても環境は良くなっていかないかもしれない。国からのサポートを活用してビルが省エネ化していくと日本の省エネ化はますます進みますね!ボクも「Biew」で略文を作りました。「Boボクらがiいるeエコなworld」! どうですか? よく考えましたね。人にも地球にも優しいビルを増やしてより快適な生活が送れるようになるといいですね。 ↓↓詳しい情報はこちら↓↓ Biew製品紹介 Solar-E製品紹介 生産性向上設備投資促進税制詳細  

続きを見る

 


PAGE TOP

窓のコンシェルジュ「madoka」

madoka公式ページ