お電話は0120-306-300

住まいのマンションを知ろう

住まいのマンションを知ろう

マンションの歴史

ここではマンションの歴史について紹介しています。 西暦 マンションのできごと 日本のできごと 1953年 日本初公共高層マンション 10円硬貨発行 1963年 第1次マンションブーム 「鉄腕アトム」放送開始 1968年 第2次マンションブーム 小笠原諸島日本に復帰 1972年 第3次マンションブーム 札幌冬季オリンピック 1977年 第4次マンションブーム カラオケ大流行 1986年 第5次マンションブーム シートベルト着用義務化 1994年 第6次マンションブーム PlayStation発売   コンクリート住宅の歴史 ・1916年、日本初のコンクリート住宅が長崎県の端島に建設される。 ・別名は、「軍艦島」といわれる。 [caption id="attachment_4079" align="aligncenter" width="240"] ≪端島の外観≫[/caption] ≪日本初のコンクリート住宅となった30号棟≫ マンション豆知識~その①~ ・日本の共同住宅の歴史は80年以上。 ・居住水準を向上のため、様々な努力や工夫が積み重ねられ現在に至る。 1925~41年 ・「関東大震災」復興支援ために設立された「同潤会」が、被災者のため12000戸の住宅を建設。 [caption id="attachment_4098" align="aligncenter" width="240"] ≪1934年に建てられた同潤会「江戸川アパート」(建替え前)≫[/caption] 1945年 ・戦後復興と国民の供給住宅が始まる。 1953年 ・初の公共高層マンション、都営宮益坂アパートが建設される。 マンション豆知識 ~その②~ ・高層マンションと呼ばれる基準は、【6階以上】のマンション。 ・6階以上のマンションにはエレベータの設置が必要。 ・そのため集合住宅や雑居ビルは意図的に5階建てまでにする場合が多い。 1963~64年 「第1次マンションブーム」(オリンピック景気、区分所有法の制定) 【オリンピック景気】 ・1964年に東京オリンピック開催、マンション開発が進む。 ・住宅都市整備公団(現:UR都市機構)により、団地型のマンションを多く供給。 【区分所有法の制定】 ・1962年「建物の区分所有等に関する法律」が制定。 ・マンションの法的位置づけが明確になる。 ・高額所得者が銀行から融資を受けられるようになる。 ・住宅ローンを利用した購入が可能となる。 [caption id="attachment_4176" align="alignnone" width="240"] ≪草加松原団地(埼玉)≫[/caption] [caption id="attachment_4179" align="alignnone" width="240"] ≪ビラ・ビアンカ(東京・渋谷区)≫[/caption] 1968~69年 第2次マンションブーム(都心高級物件供給、マンション大衆化路線販売) 【マンション大衆化路線販売】 ・3年間の住宅ローン付きのマンションが供給され始めた。 ・住宅ロ-ン付きの分譲は好評だった。 [caption id="attachment_4190" align="alignnone" width="240"] ≪高島平団地(東京・板橋区)≫[/caption] 1972~73年 第3次マンションブーム(日本列島改造論・住宅金融公庫分譲マンション・郊外型供給とサラリーマン所得増加) 【住宅金融公庫の融資制度】 ・新築マンション平均価格が1973年に初めて1,000万円を超える。 ・1973年、全国の分譲戸数が15万戸を超えるブームとなる。 ・この時期の代表的なマンションは“多摩ニュータウン”エリアでの物件。 [caption id="attachment_4195" align="alignnone" width="240"] ≪南砂団地(東京・江東区)≫[/caption] 1977~79年 第4次マンションブーム(神奈川・千葉・埼玉方面供給活性化、オートロック導入) 【東京隣接エリアの供給拡大】 ・東京への通勤圏として東京都隣接エリアでのマンション供給が盛んに。 ・公園・コミュニティ設備・緑地の設置などが行なわれ、生活の余暇部分に配慮。 ・オートロックの導入、居住者の保護、居住者と非居住者が区別される。 [caption id="attachment_4200" align="alignnone" width="240"] ≪芦屋浜シーサイド(兵庫・芦屋)≫[/caption] 1986~89年 第5次マンションブーム(1981年建築基準法に新耐震設計法、住宅・都市整備公団発足、超高額・投資用物件供給増) 【バブル景気による販売増】 ・バブルにより地価が高騰、都心では10億円以上の超高額物件が供給される。 ・一方、一次取得者向けのファミリーマンションは郊外に展開。 ・マンションスペックでは「バブル仕様」といわれる高性能化が進んだ。 ≪プロムナード多摩中央(東京・多摩市)≫ 1994~2002年 第6次マンションブーム(バブル崩壊、地価下落、都心回帰現象、大規模化、超高層化、高機能・高付加価値・高安全化) 【地価下落と高機能化】 ・地価が下り、東京都内に戻る「都心回帰現象」が発生。 ・交通利便性の良いエリアに低価格でマンションが分譲される。 ・マンションは住宅として、目覚しい進歩を遂げた。 ≪恵比寿ガーデンプレイス(東京・渋谷区)≫ マンションの歴史について、いかがだったでしょうか。 歴史を知った上で、次はマンションの構造について理解を深める必要があります。 マンションとはただのコンクリート建造物? マンションに住むメリットとは? 歴史と一緒に構造を理解し、マンションについてもっと知っていきましょう。   ↓あわせてこちらもどうぞ↓ マンションライフHEADLINE #1 ↓続きはこちら↓ マンションの構造とその特徴 マンション特集

続きを見る

住まいのマンションを知ろう

マンションの構造とその特徴

近年のコンクリート住宅の耐用年数は一般的に70~100年とも言われています。マンションの躯体は鉄筋コンクリート造(RC造)がほとんどの割合を占めています。ここでは、マンションの構造とその特徴を説明し、お住まいのマンションの様々な長所をご紹介いたします。 (1)RC造(鉄筋コンクリート)とは マンションのほとんどはこのRC造(鉄筋コンクリート造)と呼ばれる建造物にあたります。 RC造住宅とは、鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete)住宅の略で、柱や梁などの主要構造部に鉄筋の入ったコンクリートを用いた住宅のことをいいます。 一般的にRC造住宅は、マンションやビルなど中高層の建物に多く見られる構造です。 しかし近年では、その性能やデザイン性などで一般住宅でもRC造の住宅が建てられています。 今回は、RC造住宅のメリットとデメリットを詳しく解説いたします。 (2)マンションにお住まいになる良さとは 耐久性の高さ RC造住宅は圧縮力に強いコンクリートと、引張力に強い鉄筋を組み合わせているため、非常に高い耐久性があります。 [caption id="attachment_5135" align="aligncenter" width="413"] 出典:住まいのTIPS「憧れのRC造住宅!RC造住宅のメリットデメリット」[/caption] 耐震性能に優れている RC造住宅は、コンクリートで作られた6面体となるモノコック構造です。 モノコック構造とは、「外皮が強度部材を兼ねる構造物」を意味する言葉です。 例えば、「新幹線」や「スペースシャトル」もその一例です。 モノコック構造はさまざまな外力が構造の一点に集中せず、建物の“面”全体に分散してバランスよく受け止めることで高い強度を実現します。 これに対し、木や鉄の柱・梁により構成される「軸組み構造」は構造部材を“点”で接合するため、外部からの荷重が接合点に集中してしまいます。 過去の多くの大震災でも一番被害が少なかったのも、RC造住宅です。 [caption id="attachment_4244" align="alignnone" width="483"] 出典:住まいのTIPS「憧れのRC造住宅!RC造住宅のメリットとデメリット」[/caption] 耐火性能が優れている RC造住宅の主な材料であるコンクリートは不燃材料です。つまりRC造住宅は、家全体が耐火構造といえます。そのためRC造住宅は、防火地域にも耐火建築物として建築が可能となっています。 遮音性能が高い RC造住宅は、外部の音エネルギーをコンクリートが遮断するため、遮音性能が非常に高くなります。 180mm厚のコンクリートは、透過損失-50db以上の性能を持ちます。 例えば、交通量の多い道路・地下鉄の車内(80db)が、室内への音エネルギーの侵入を遮断し、深夜の住宅街の静けさ程度(30db)となります。 またRC造住宅は床もコンクリートなので、上下階の音も遮音します。 [caption id="attachment_4246" align="alignnone" width="495"] デシベルを音に例えた一覧[/caption] 気密性能が高い コンクリート躯体は隙間がほとんどないために気密性が非常に高く、冷暖房の効率に直結するため非常に高い省エネ効果が期待できます。 ↓続きはこちら↓ マンションの資産価値維持のために マンション特集

続きを見る

住まいのマンションを知ろう

マンションの資産価値維持のために

今後、お住まいのマンションと長いお付き合いをして戴くために必要なこととは何でしょうか。既存マンションで溢れた今日の時代に求められることは、マンションの維持と管理です。ここでは、マンションの維持と管理の必要性と、その方法に関して下記の内容でご紹介いたします。 (1)マンションストック時代の到来 (2)マンションの資産価値の変化 (3)老朽化マンションの建て替え (4)老朽化マンション再生のために (1)マンションストック時代の到来 既存のマンションの数は年々増大しています。 そのため、今建てられている既存マンションの維持・管理が重要性を増しています。 お住まいのマンションも、改めて建物の維持・管理を見直し、真剣に見直す必要があるかもしれません。 平成28年度末現在で、マンションストック数は全体で約623万戸存在していることがわかります。 また、築30年を超える分譲マンションが平成28年度末現在で約172万戸存在していることがわかります。 築30年を超える分譲マンションが5年後には252万戸、10年後には334万戸、20年後には528万戸になると推測されます。 (2)マンションの資産価値の変化 マンションストックが中古市場で流通する際の価格は、上物の減価償却などから年々下落するものです。 築年を経過するごとに中古マンションの価格はどのように下落していくのでしょうか、またその下落のスピードは地域によってどの程度差が出るものでしょうか。 3大都市圏地域別中古マンション坪単価が3分の2になる時期<東京カンテイ> 上記の表は、3大都市圏における中古マンションの坪単価が3分の2になる時期を表したものです。 地域によってかなりの格差があることが見受けられますが、ほとんどの地域が築10年前後で坪単価が3分の2に下落してしまっていることがわかります。 <東京カンテイ>参考としてご覧下さい。 資産価値の下落を防ぐためにも、マンションの維持・管理が重要になります。 (3)老朽化マンションの建て替え 今後は更なる老朽マンションの増加が見込まれ、再生のための改修・建替え等の円滑化が重要になります。 しかしながら、改修・建替え等の実施に当たっては、管理組合や区分所有者については、 ①資金面や専門的な知識等の面で必ずしも十分ではない ②マンション内の多数の区分所有者の合意形成が必ずしも容易ではない ③建替えについては事業を実現するまでに様々な手続が必要である。 建築基準法上、既存不適格となっているマンションではマンション単体で不適格状態を解消することは難しい など法制度上の問題で建替え実現に至らない場合や円滑に進まない場合が考えられます。 マンション建て替え円滑化法制定から10年が経過していますが、建替え事例は多いとは言えません。 制度が十分浸透していない一方、建替え事業の実施には迅速な対応が求められます。 また、大規模な団地では合意形成が容易でないばかりか、建替えを円滑に行うことが難しい、仮住居の確保が難しいといった問題があります。 マンションの建て替えに関しては、全く円滑に進んでいないのが現状です。 (4)老朽化マンション再生のために 先述の通り、マンションの建て替えが進んでいない現状がある中で、老朽化するマンションとうまく付き合っていく必要があります。 それは、今あるマンションの維持・管理を徹底的に行っていくことにあります。 マンションにおいては、住民が管理組合を構成し、管理等を行うために、管理規約を適切に定めることが必要になります。 集会を開き、管理に関する意思決定を適切に行っていくことが重要です。 管理規約については、マンションの現状・実態を踏まえ、住民の意向を踏まえ適切なものを作成し、その見直しを適時適切に行っていくことが必要です。 また、経年による劣化に対応した将来の大規模修繕等に備えて、長期修繕計画を適切に作成し、これに基づき修繕積立金を計画的に積み立てていくことが重要です。 マンションの快適な居住環境を確保し、資産価値の維持・向上を図るためには、適時適切な維持修繕を行うことが重要です。適切に維持修繕が行われていないマンションにおいては、早急に修繕等を行う等の対応が求められます。 ↓さらに詳しく知りたい方はこちらもどうぞ↓ マンションの維持・管理 ↓マンション特集ページへ↓ マンション特集

続きを見る

 


PAGE TOP

窓のコンシェルジュ「madoka」

madoka公式ページ